ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

在米ブラジル人、米国社会へ速い同化

 米国政府のデータに基づき2人のブラジル人研究者が実施した「米国のブラジル人コミュニティーの同国への同化」調査で、他国からの移住者より同化が速いことが分かりました。フォーリャ紙が報道しています。

 ブラジル外務省は米国に、130万人のブラジル人が居住していると推定しています。居住者の失業率は5%と低く、年間平均所得は5万5463ドル(約600万円)で、他国からの移住者だけでなく米国人と比較しても高い収入です。データは2014年のもので、米国勢調査のコミュニティー調査から集計したものです。

 この他に、次のような調査結果も示されています。

 在米ブラジル人の教育レベルは中等教育修了者は46%(全移住者の平均は35%)、高等教育修了者は30%(同23%)で、教育履修は同国の全移住者平均よりも高くなっています。労働参加もブラジル人は71%で、米国人の63%を上回り、ブラジル人の大半は民間企業の従業員(69%)ながら自営業者も25%と全移住者(12%)や米国人(9%)を上回っています。

 研究者のカストロ・エ・リマ氏は「ブラジル人が労働市場に同化しているとはいえ、社会的または政治的な分野には反映されていない。最近になってブラジル人の市議や市長への立候補者も現れ始め、政治的な同化への第一歩を踏み出しつつある。これは移住の歴史が浅いから当然だ」と述べています。

 在米ブラジル人の63%はフロリダ、カリフォルニア、マサチューセッツ、ニューヨークとニュージャージーの5州に居住しています。年齢層は30~44歳が39%を占め、45~59歳が26%になっています。