中南米の最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルを中心に中南米のニュースをお届けします。

サントス海岸がマスク無しのレジャー客で溢れる

 ブラジルメディアの報道によると、メディアコンソーシアム12日の調べで、ブラジルの新型コロナウイルスによる死者が72,151人(一日に659人増加)、感染者総数が1,866,176人(一日に25,364人増加)と判りました。

 11,12両日にはサンパウロ近郊のサントス海岸に何千人もの海水浴客が押しかけ、防護マスクもせず遊びに興じていました。12日のサントス海岸は、冬の季節にも関わらず気温が31度に達し、海岸でのレジャー日和になりました。このため海水浴客がサントス海岸、隣のサンビセンテ海岸に押しかけ、ランニングやサイクリング、日光浴、泳ぎを楽しみました。サントスには11日現在、新型コロナ感染者が11,519人、死者が396人出ています。サンビセンテでも、3,683人の感染者と188人の死者が記録されています。

 サンパウロ州政府が自粛の緩和を宣言し、商業の再開を行ったこともあり、ビーチはレジャー客で満杯になったものです。 サントスでは、海水浴や海岸での時間制限はしていませんが、サントス市は保護マスクの使用を義務付けています。違反者には、罰金が科せられます。サンビセンテ市も、警備員が常時見回り、防護マスクをつけるよう呼びかけ、屋台の営業は制限付きで認めています。

 一方、世界保健機関は12日、世界で一日の感染者が230,370人を記録したと発表しました。まだ終息の気配は見えないとしています。同機関によると、最大の増加国は米国、ブラジル、インド、南アフリカと指摘し、今後12カ月でアフリカでは約19万人が死亡する可能性があると指摘しています。

コロナ死が多いのはパラナ、ゴイアスなど10州

 ブラジルメディアによると、メディアコンソーシアム11日の調べで死亡者が71,500人、感染者は1,840,812人を記録していますが、死亡者が多いのは10州と連邦直轄区と判りました。

 死亡者が多い10州はパラナ、リオグランデ・ド・スール、サンタカタリーナ、ミナスジェライス、ゴイアス、マットグロッソ、マットグロッソ・ド・スール、ローライマ、トカティンス、パライーバ各州で、これに直轄区のブラジリアです。

 また一日の増加数は、死亡者が968人、感染者が36,474人になっています。感染症の専門家は「流行はピークに達していない」と指摘しています。

感染者がブラジル9州で増加傾向

 ブラジルメディアによると、メディアコンソーシアムは9日の調査を発表、新型コロナウイルスでの死者は69,254人(一日に1,199人増加)、感染者総数は1,759,103人(一日に42,907人増加)としています。

 この一週間の一日の死者数平均は1,037人と1,000人を超える死者が出ています。各州のデータを見ると、9州が未だに増加傾向にあり、11州が横ばい、5州が下降傾向です。

コロナ禍、拡大止まらず

 ブラジルメディアによると、メディアコンソーシアムの7日の調査で、ブラジルの新型コロナウイルスによる死者が66,868人(一日に1,312人増加)、感染者が1,674,655人(一日に48,584人増加)と判りました。

 7日に判明した一日に1,312人の死者数はブラジル国内で4番目に多い数字です。

 ブラジル政府の7日の発表では、死者が66,741人(一日に1,254人増加)、感染者総数が1,668,589人(一日に43,305人増加)となり、メディアコンソーシアム調査より少なくなっています。

世界の感染者の14%を占めるブラジル

 ブラジルメディアによると、メディアコンソーシアム6日の調査で、新型コロナウイルスによる死者が65,556人(一日に656人増加)、感染者が1,626,071人(一日に21,486人増加)と判りました。

 米国のジョンズホプキンス大学のデータによると、ブラジルは世界のコロナでの死者の12%を占め、感染者の14%を占めています。

 ブラジル保健省6日の発表では、死者65,487人(一日に620人増加)、感染者1,623,289人(一日に20,229人増加)としています。

元法相が新型コロナ関連汚職を酷評

 ブラジルメディアによると、元司法相のセルジオ・モロ氏は5日夜のグローボ・ニュースで、ボルソナロ政権下で頻発している新型コロナウイルス用の設備や資材の購入汚職について尋ねられ、「人を虐殺する犯罪と同じだ」と強い口調で断罪しました。

 モロ氏はまた、政府高官は社会の監視者としての役割を担っている強調し、「彼らは、私たちに腐敗と闘う上での重大な教訓を与えてくれた。私たちが政府の役人と公務員の行動を常に警戒するようにという教訓だ」と皮肉を交えて語りました。

 連邦保健局を舞台に、人工呼吸器、検査キットなどの不正購入事件が次々に明らかになり、警察の捜査が大々的に行われています。グローボの質問はこうした状況を踏まえて行われたもので、モロ氏の怒りが爆発した格好です。

 捜査関係者による汚職の手口の一つは、国際的評価の定まった抗体検査キット価格を見積書として提出、予算措置を受けながら、実際には評価が低い中国製などの低価格商品を購入、その差額を着服していました。調べでは、着服された金は約3千万レアル(約6億1千万円)ともいわれています。

ブラジルのコロナ感染者、160万人に迫る

 ブラジルメディアによると、メディアコンソーシアム4日の調べで、新型コロナウイルスの死者が64,365人(一日に1,111人増加)、感染者総数が1,578,376人(一日に35,035人増加)と判りました。感染者は150万人という大台を超えています。

 ブラジル政府4日の発表では、死者が64,265人(一日に1,091人増加)、感染者が1,577,004人(一日に31,923人増加)としなっており、報道機関コンソーシアム調べと若干の違いがあります。

ブラジルの死者6万人突破

 ブラジルメディアによると、プレスコンソーシアム3日の調べで、新型コロナウイルスによる死者が63,254人(一日に1,264人増加)になり、死者合計が6万人を突破しました。また感染者は1,543,341人(一日に41,988人増加)を記録しました。

 政府3日の発表では、死者が63,174人(一日に1,290人増加)、感染者が1,539,081人(一日に42,223人増加)になっています。