中南米の最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルを中心に中南米のニュースをお届けします。

エクアドル議会で大統領弾劾を討議

 ブラジルのメディアによると、エクアドル議会は26日、ギジェルモ・ラッソ大統領の弾劾請求に関する討議を再開しました。国内は2週間にわたって燃料価格上昇に対する先住民の抗議行動が行われ、政権反対派は「これは深刻な政治的な危機」として大統領の責任を問うています。弾劾請求討議は25日から行われており、この日はラファエル・コレア元大統領(社会党)に関係する「希望の党」が「ラッソ大統領は政治危機を引き起こしている」とする書簡を発表後、弾劾討議を再開しました。

 大統領の弾劾には、議員137人のうち92人の支持が必要です。議会では討論の後、72時間以内に賛否の投票が行われます。可決されれば、直ちにアルフレド・ボレロ副大統領に権力が移り、残り期間(2025年まで)を務める大統領選挙と議員選挙が実施されます。ラッソ政権の反対派は、大統領罷免要求に必要な47の署名を集めたとしています。

 ラッソ大統領は左派の対立候補を破って1年前に大統領に就任した保守派の銀行家です。大統領は討論会に出席せず、法律顧問のファビアン・ポゾ氏に、「議会のメンバーは民主主義を不安定にしようとしている」という弁明書を読み上げさせました。また、大統領はCNNのインタビューに「デモを先導するエクアドル先住民連合のせいで混乱が生じている。彼らは社会的闘士ではなく、政府を転覆しようとするアナーキストだ」と答えています。

 これに対しコレア元大統領の妹ピエリーナ・コレア議員は「早期選挙にしよう、ラッソを帰らせよう」と主張しています。首都キトだけでも約1万人の住民が「アウト・ラッソ、アウト!」の掛け声とともに抗議活動を行っています。人権団体によると、キトでの大規模なデモを警察が弾圧、3人が死亡し、100人近くが負傷したとしています。

イメージを損ねたジャーナリスト射殺事件

 ブラジルのメディアによると、ブラジルの先住民族と英国のジャーナリストがアマゾナス州で失踪から10日後に遺体で発見された事件で、ダタフォーリャ研究所が181都市、16歳以上の2,556名を対象に世論調査を実施、結果を25日の「フォーリャ・デ・サンパウロ」紙が掲載しました。

 それによると、事件は海外でブラジルのイメージを大きく損ねると答えた人が47%、少し損ねると答えた人が26%でした。そして「損ねない」と思うのが17%、「意見を言わない」が10%でした。

 また、同事件でブラジル政府は十分な捜査をしていないという人が49%、できる限りのことをしたと答えた人が27%でした。

 事件は6月5日、先住民監視団を訪ねようとしていた先住民族と英国のジャーナリストが行方不明になり、10日後に射殺体で発見されました。発見された遺体は焼かれて埋められていました。

 犯行の動機はまだ不明ですが、警察は同地域での違法な漁業活動との関連を調査しています。同地域は国内で2番目に広い先住民の土地で、麻薬取引、木材の窃盗、鉱物の盗掘など、アマゾンの典型的な紛争の舞台となっています。

ブラジルの大統領選、ルーラ候補がリード

 「Folha de S.Paulo」紙が23日付で報じたダタフォーリャ研究所の「2022年大統領選挙投票動向調査」によると、ルーラ候補(元大統領)がボルソナロ候補(現大統領)を23ポイントリードし、前回調査と大きな変化は見られませんでした。調査は、6月22日と23日にブラジルの181都市で2,556人を対象に行われました。

 第1回目の投票ではルーラ候補が47%、ボルソナロ候補が28%の票を獲得し、決選投票になった場合はルーラ候補が57%、ボルソナロ候補が34%を獲得、ルーラ候補勝利の可能性が高い結果になっています。同研究所5月の調査では、ルーラ候補が58%、ボルソナロ候補が33%で、その差は25ポイントでした。この差は誤差の範囲内で、大きな変化はないとされています。

 決選投票の投票動向は以下のようになっています。
 ルーラ(PT):57%(前回調査:58)
 ボルソナロ(PL):34%(前回調査:33)
 空白・無記入・なし:8%(前回8%)。
 わからない:1%(前回1%)。

 なお、第1回目投票での各候補の票獲得予想は以下の通りです。
 ルーラ(PT):47%(前回48%)。
 ボルソナロ(PL):28%(前回27)
 シロ・ゴメス(PDT):8%(前回7%)。
 アンドレ・ジャノネス(Avante):2%(前回2%)。
 シモーヌ・テベト(MDB):1%(前回2%)。
 などとなっています。

コロンビアとベネズエラが関係修復

 ブラジルのメディアによると、コロンビアのグスタボ・ペトロ次期大統領は22日、Twitterで「ベネズエラ政府と連絡を取り、全面的に閉鎖されている両国の国境を再開する」と述べました。両国国境はここ数年、何度か部分的・全面的に閉鎖されたり、再開されたりしていました。

 ペトロ次期大統領は「ベネズエラと国境を開くことで、この地域の人権回復をしたい」と語っています。こうした左派政権に期待する向きもありますが、両国関係に詳しい専門家は「ペトロ大統領とマドゥロ大統領(ベネズエラ)の自動的な連携には期待できない」と冷ややかに見ています。

 19日にコロンビアで初めて左派の大統領となったペトロ氏は。マドゥロ大統領と直接連絡を取ったかどうかは明らかにしていませんが、マドゥロ大統領はペトロ氏の当選を祝うメッセージを送り、「2国間の新しい時代を築くことを望んでいる」としています。

 両国の国境線は2,200km以上あります。過去5年間で推定でベネズエラ人200万人以上がコロンビアに避難しています。国境が閉鎖されるまでは、何千人ものベネズエラ人とコロンビア人が商業、教育、保健活動のために日常的に交流していました。しかし、国境で麻薬密売人や密輸業者、ゲリラ集団による違法行為の暗躍が目立ち始め、2015年以降、両国国境は閉鎖されたり、再開されたりを繰り返しています。

 現在は、2020年の新型コロナ・パンデミックにより、コロンビアが国境を閉鎖しましたが、2021年6月に国境を部分的に再開していました。コロンビアの現大統領は、ベネズエラの野党指導者グアイド氏をベネズエラの大統領として承認したため、マドゥロ政権はコロンビアと断行していました。

 今回、コロンビアでペトロ政権が誕生したことで、ベネズエラは「一体関係の新たな段階の構築に取り組む」と関係改善を表明しました。

サッカー・ネイマール選手の飛行機が緊急着陸

 ブラジルのメディアによると、アメリカで束の間の休暇を楽しんだサッカー・ブラジル代表FWネイマール選手が21日朝、プライベートジェットでブラジルへ帰国途中、何らかのアクシデントに見舞われ、ロライマ州州都ボアビスタ国際空港に予定外の着陸をしているのが分かりました。

 騒ぎになったのは、ボアビスタ空港の従業員と思われる人物がソーシャルネットワーク上に「ネイマールの飛行機」として、同空港の滑走路に止まっている彼の飛行機を公開したためです。フライトレーダー監視システムによると、同選手の飛行機はラスベガスを出発し、フロリダ、バルバドスを通過してボアビスタに着陸しています。目的地はサンパウロでした。

 予定外着陸の原因は 空港側が情報を一切公開せず、所属チーム(パリ・サンジェルマンFC)に問い合わせてくれと応じるばかりではっきりしませんが、飛行機のフロントガラスに問題が出て、機内減圧のリスクを避けるためとの情報が流れています。

 飛行機にはネイマール選手のほか、恋人、妹、友人たちが乗っていました。空港関係者によると、小型ジェット機サンパウロからボアビスタに向かい、ネイマール選手らをピックアップする予定のようです。

コロンビア大統領に元ゲリラ戦士が当選

 ブラジルのメディアによると、経済学者で元ゲリラ戦士のグスタボ・ペトロ候補が19日、コロンビア大統領選の決選投票で勝利し、コロンビアで初の左派系大統領に選ばれました。ペトロ候補は3度目の大統領挑戦で、やっと大統領にたどり着きました。副大統領は、こちらもコロンビアで初の黒人女性フランシア・マルケス弁護士です。

 対立候補は実業家でブカラマンガ市のロドルフォ・エルナンデス前市長で、開票機関によると、ペトロ氏の得票率は50.49%、エルナンデス氏は47.25%(約71万7千票の差)でした。世論調査では、わずかにエルナンデス候補が有利でしたが、結果はペトロ候補の勝利となりしました。結果発表の直後、ペトロ氏は「今日は国民にとっておめでたい日だ」とコメントしました。

 エルナンデス候補も勝敗がはっきりした1時間後に「コロンビアの皆さん、今日は市民の大半がもう一人の候補者を選んだ。選挙期間中に言ったように、私はこの選挙結果を受け入れる」とコメントしました。

 選挙戦でペトロ氏は政権の腐敗を訴え、「泥棒と殺人者を権力から追い出す」と経済の民主化を公約しています。ブラジルとの関係についてはあまり言及していません。

 ペトロ氏は1960年4月、コルドバ県生まれ。1970年、コロンビア保守派による不正選挙が発覚、反発してゲリラ組織「Movimento 19 de Abril」(通称M-19)が結成され、彼も17歳で入党しています。1985年、武器の不法所持で逮捕され、本人は「軍から拷問を受けた」と主張しています。その後、1年半刑務所で過ごしました。

 M-19は1985年11月、司法省を襲い、300人以上を人質に立てこもり、28時間にわたって軍とにらみ合いを続けました。この事件で最高裁判所長官ら100人以上が死亡しています。この間ペトロ氏は獄中にいたため、事件に関与していませんでした。

 ゲリラ活動と並行してペトロ氏はボゴタの大学で経済学の学位を取得しています。ゲリラ集団は1990年に「M-19民主同盟」という政党に変身し、ペトロ氏も創業者の一人でした。同党は1990年のコロンビア新憲法制定では、積極的な役割を果たしています。

検察官殺害犯に懲役23年6カ月

 ブラジルのメディアによると、コロンビアの裁判所は17日、コロンビアを新婚旅行中にパラグアイの検察官を殺害した4人にそれぞれ懲役23年6カ月を言い渡しました。4人は殺人罪に加え、武器の違法な所持でも起訴され、懲役47年が求刑さていました。

 有罪判決を言い渡された4人は、コロンビアの警察に「検察官殺害」を自供しています。警察によると、主犯はウェンドレット・カリロのようです。

アルゼンチンで足止めの飛行機にテロリスト?

 パラグアイ諜報機関が17日、アルゼンチンで立ち往生しているベネズエラ貨物機のイラン人乗組員の1人は、米国がテロ組織としているアル−クドス軍(Al-Quds)に所属するゴラムレザ・ガセミであると明らかにしました。ブラジルのメディアが報じています。

 ブエノスアイレスに1週間足止めされている貨物機のボーイング747には14人のベネズエラ人と5人のイラン人が乗り組んでおり、全員がブエノスアイレス当局に調べを受けています。裁判所は19人の乗組員が国を離れることを禁止しました。

 パラグアイ諜報機関は、Al-Qudsはイラン革命防衛隊のエリート部隊であり、「これが確認されてから、この地域や世界の他の地域の仲間に警告した」と述べています。飛行機は6月6日にメキシコからアルゼンチンに自動車部品の輸送で到着しました。ブエノスアイレスでガソリンを満タンにすることができず、6月8日にウルグアイに行こうとしましたが、ウルグアイ当局は入国を拒否しました。

 ウルグアイが入国を拒否したのはパラグアイ諜報機関からの連絡を受けたためで、ウルグアイ国防省は「迅速に行動し、飛行機がウルグアイ領空に入るのを防ぐことができた」と語っています。

アマゾンのジャーナリスト殺害事件で容疑者5人逮捕へ

 ブラジルのメディアによると、アマゾンで先住民と英国人ジャーナリストが遺体で発見された事件を調査しているアマゾンの連邦警察は16日、逮捕済みの2人の他に5人が関与しているとして近く逮捕に踏み切る方針です。情報は警察筋からもたらされたもので、5人の中には事件の首謀者と見られる人物、遺体隠しを手伝った人物が含まれているようです。

 連邦警察はまだ捜査段階で、全てを明らかにできないとしています。このため殺害動機も判っていませんが、消息筋は「警察は殺害に至った詳細なデータを入手している」と話しています。警察は、今回の事件関与者が以前の似たような事件にも関係していた可能性があると見て、非公開で捜査を続けています。

 殺害された英国人ジャーナリストは、違法伐採、違法採掘、麻薬密売などを探る取材をしていたとされています。同地域は常に何らかの問題が起きている危険地帯でした。

アマゾンで行方不明2人の死亡確認

 ブラジルのメディアによると、行方不明の先住民ブルーノさんと英国人ジャーナリストを捜索しているアマゾナスの連邦警察は15日夜の記者会見で、先に行方不明に関与している疑いで逮捕しているアマリルドが「14日夜、2人の殺害を自白した」と発表しました。

 警察によると、アマリルドが示した埋葬場所は指示されないとたどり着けない場所にあり、捜索隊も川沿いを約1時間40分歩いた後、遺体が埋葬されていた場所までさらに25分間歩き、やっと人の遺体を確認したといいます。その場所は、先住民やジャーナリストの身の回り品(健康カードやノートなど)が見つかった場所から約3.1km離れた場所でした。見つかった遺体は法医学研究所に回され、身元の確認を急いでいます。身元が確認され次第、被害者の家族に遺品が渡されます。

 この事件でもう一人、アマリルドの兄弟オスニーが逮捕されていますが、彼はこの時期には刑務所に収監されていて事件には関われず、オスニーも事件への関与を否定しています。このため警察は、彼ら以外に第三者が加担している可能性があると見て調査を続けています。

 警察は2人を殺害した動機を捜査に影響すると明らかにしていません。また、アマリルドは銃で2人を殺したと供述していますが、これについても警察は「死因を決定するのは法医学者だけだ」と詳細を語りませんでした。