ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

トヨタ、サンパウロ工場で840人解雇

 19日付伯メディアが、「トヨタ自動車ブラジル法人はサンパウロ州内2工場の労働者840人を解雇する」というソロカバ金属労組代表者の話を報じました。

 トヨタは5月、アルゼンチン向けの輸出が落ち込み、「ヤリス」と「エティオス」を製造している工場で希望退職者を募集、労働者340人を解雇すると明らかにしていました。労組代表者によると、「トヨタは考えを変え、ソロカバ工場の生産シフト変更することで2018年10月に有期契約で増員した組立ラインの740人全員、ポルト・フェリス工場でエンジン製造する100人の計840人解雇に変更した」と話しています。

 報道によると、ブラジル・トヨタは「ソロカバ工場とポルト・フェリス工場は8月5日から2交代制に戻す。この調整は、主に輸出の落ち込みと為替の変動によるものだ」と説明しています。