ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

ストでガソリン不足の危機

 地元メディアによると、サンパウロ市は5日からマルジナル・チエテと市内27道路でトラック乗り入れ規制違反の罰金徴収を開始しましたが、これに反発したトラック運転手がストライキに参加、石油会社からガソリンスタンドへの燃料供給がストップし始めました。すでにサンパウロ市内と大サンパウロ圏のガソリンスタンドでは石油の補給がされないため、購入に支障が出始めています。
 石油製品小売業者組合のジョゼ・アルベルト・ゴルベイア代表は「通常、各ガソリンスタンドでの販売量は金曜と土曜が最も多く、燃料のストックは月曜か火曜までの分が限界。もしも石油会社からの供給がなければ、燃料不足が起こるのは時間の問題だ」と語っています。
 6日午後時点で、大サンパウロ圏内のガソリンスタンドの少なくとも52店舗で燃料のストック切れが判かり、それを知ったドライバーが給油に急ぐ姿も見られるようになっています。供給不足で一部のガソリンスタンドでは、早くも料金を高くして売る店舗も現れています。