ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

違法製品での損失が約4.8兆円

 国内メディアによると、海賊版や偽造品、密輸品などが経済に与えた損失は2018年の1年間で約1600億レアル(約4兆8000億円)に上りました。ブラジル偽造撲滅協会と国境経済社会開発研究所が15日に発表した調査結果で明らかになりました。18年の損失額は17年比で11%増加しています。

両機関は、製品の税負担が密輸品などの外国製品の価格を安くし消費者の購買意欲を高めているとして、「密輸と違法市場は拡大しているが、これは正規製品への税負担増加によるものだ。港湾と国境における不徹底な検査で違法商品が増大している」と国境での摘発不備を指摘しています。