ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

増える独身者は男性が過剰

2009年度版全国家庭サンプル調査で、過去7年間下がり続けた出生率が1.94人に回復しました。一方で、60歳以上の人口は0.2ポイント増の11.3%。最近では、結婚適齢期の独身者も増えており、少子高齢化に拍車をかけているようです。
 家庭サンプル調査によると、全国の独身者6228万人のうち、男性は3194万人、女性は3034万人。比率では、独身女性100人に対し、男性は105人の計算です。サンタカタリーナ州はその差が21人と全国最大。同様に、独身男性の数が同女性を上回っているのは21州。女性はパートナーを選べる立場にあり、「独身男性が少ないから結婚できない」という従来の説は通用しなくなっています。