読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

サンパウロ州内でも黄熱病で死亡

 ミナス・ジェライス州内で黄熱病の症状を持つ30人が死亡、同州政府は公衆衛生上の非常事態を宣言しましたが、黄熱病の感染はサンパウロ州内にもやって来たようです。在サンパウロ日本総領事館が国内メディアの報道として23日、サンパウロ州内で4名が黄熱病に感染し、死亡したと紹介、在住日系人・日本人に注意を呼びかけています。
 同領事館がサンパウロ州保健局免疫課に事実関係について確認したところ、4名のうち1名は、アララクアラ地方のアメリコ・ブラジリエンセ市(サンパウロ市より北西260Km)に居住しており、黄熱病が流行しているミナス・ジェライス州へは渡航していませんでした。
 現地のメディアは,大都市サンパウロ市内での感染については否定的な見方で、市内に黄熱病ウイルスはないとしています。サンパウロ州内で黄熱病により死亡したのはアメリコ・ブラジリエンセ市在住者をのぞき、いずれもミナス・ジェライス州を旅行、感染したとしています。現在、黄熱病は農村地での感染ですが、今後感染者が都市部へ移動することも考えられ、感染者を刺した蚊が媒体して、都市部での感染が始まっていく危険も否定できないとしています。
 ミナス・ジェライス州へ旅行予定があり、心配なら予防接種(予防接種を受けてから10年以上経過している人)を受けた方が良さそうです。これまでに2回接種していれば免疫は生涯続くと指摘しています。