ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

経産省主催の就職説明会をブラジルで開催

 日本の経済産業省日系人向けの就職説明会を19、21両日、サンパウロパラナ州マリンガ両市で開きました。説明会には日本の素材製造系の企業7社、運送系企業1社の計8社が参加しました。採用されれば企業から直接雇用される雇用形態で、これまでの就職斡旋業者が雇用し派遣するものではないため、説明会に訪れた人は期待を滲ませていました。19日のサンパウロ会場には非日系人を含む約80人が訪れました。

 経済産業省の製造産業局素形材産業室の岡本武史室長補佐は「日本の人口減少が激しく、働ける若い層が加速度的に減っている。特にもの作りを手がける製造業への希望者が少なく、日本のもの作りを維持するのが難しくなっている。日系ブラジル人に来てもらい、一緒に働いてもらいたい」と開催趣旨を説明しました。説明会では、短期間の出稼ぎではなく、正社員として採用することが強調され、希望者には会場で面接も行われました。

 説明会に参加した8社中、唯一の運送業者の株式会社ムロオ(広島県)の山下俊一郎社長は「運送業界は人手不足で廃業してしまう業者もいる。その中で我が社の雇用人数は増加傾向にあり、昨年の雇用者は約400人だった。採用した大学新卒内定者の半分は外国籍」と外国籍者の採用に積極的な姿勢を見せていました。参加企業のほとんどは日系ブラジル人を含む外国籍社員の採用実績があり、リーマンショックから立ち直って以降は日系人就労者は増加傾向にあるとしています。

 説明会に参加した三世の男性は「派遣では生活が安定しない。日本で生活していこうと考える人には、直接雇用をする企業が集まる説明会はとて助かる」と説明会の開催を喜んでいました。