ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

テメル政権の評価、前回から低下

 地元メディアによると、全国運輸連合の委託で調査会社MDAが行ったテメル政権の評価の聞き取り調査で、肯定的に評価したのは10.3%で、昨年10月の調査(14.6%)から低下しました。否定的な評価は前回の36.7%から44.1%へ増加しました。

 現政権を「良い」と答えた人は9.1%、「最高」と答えたのは1.2%で、前回の12.5%、2.1%から低下しています。「普通」と答えた人は38.9%で、前回は36.1%でした。否定的な答えをした人で「悪い」とした人は13.2%から17.6%へ、「最悪」は23.5%から26.5%へそれぞれ増加しています。テメル大統領の仕事ぶりについては、肯定的な評価が24.4%(前回は31.7%)、否定的な評価が62.4%(同51.4%)でした。

 各分野の6カ月後の見通しに関する質問では、雇用が「良くなる」は31.3%、「悪くなる」は30.6%、「今と同じ」が35.9%でした。その他、保健は25.7%、教育は28.9%、治安は20.4%が「良くなる」と答えています。

ルーラ元大統領の人気衰えず
 大統領選が今実施される場合を想定した投票先意向の聞き取り調査では、最も人気があったのはルーラ元大統領で30.5%、以下マリーナ・シルバ元上議11.8%、ジャイル・ボルソナロ下議11.3%、PSDB党首のアエシオ・ネベス上議10.1%、シロ・ゴメス元大臣(民主労働党)と続いています。