ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

ジャパンハウス開館が来年3月から5月に延長

 サンパウロ・ジャパンハウス運営委員会(中前隆博委員長)が2日、サンパウロ市の在サンパウロ日本国総領事館で開かれ、委員会終了後、中前委員長が「来年3月に予定していた開館を同5月に延期する」と発表しました。
 発表によると、開館延期はオープニングセレモニーに出席する日本からの招待客の予定調整などで、5月開館が適当と判断したとしています。この延期で今月に予定されていた開館100日前イベントも来年の3月に延期されました。各種工事の完了は来年1月末で、この変更はありません。

ジャパンハウスの概要

 ジャパンハウスは4フロアを使用し、総面積は2496平方メートルです。1階の入口には「コボゴ」と呼ばれるブラジル北東部で使用されている風通しの良い素材と日本の桧(ひのき)を使った装飾が設置され、「日伯文化の融合」が演出される予定です。
 1階にはその他、多目的ホール日本茶を提供するカフェ、日本に関する書籍が読めるマルチメディアルームなどが配置されます。各施設はスライド式のふすまで仕切られますが、すべてを開放し一つの空間として使うことも可能です。
 2階には3つのセミナー室が置かれます。こちらもスライド式のふすまで3部屋に仕切られますが、ふすまを取払ってワンルームとして使用することも可能です。ワンルームにすると、約1000人が収容できる広さになり、セミナーや日本語講座などが行われる予定です。
 3階は展示や物販などを行う多目的ホール、日本食を手頃な値段で提供するレストランが設置されます。ジャパンハウス事務局もここに置かれます。
 4階部分は国際交流基金が使用する予定です。