読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

シマヅ・ド・ブラジル 販売代理店と経営統合

 医療・分析機器会社のシマヅ・ド・ブラジル(的場俊英社長、島津製作所のブラジル法人)が販売代理店SINC社と経営統合を行い、新社屋をバルエリ市(サンパウロ都市圏の北西部に位置し、人口27万人の都市)に新築、移転し、13日にブラジル新本社の開所式を行いました。ブラジル経済が停滞する中、新たな投資を行ったのは、1980年にブラジル進出した同社の販売実績が医療機器中心から分析機器製品の販売上昇で商品構成が半々となり、分析機器はブラジル市場で米国やドイツ企業と競争、市場占有率で2位を占めるまでになりました。同社は新規投資で1位の米国企業「アジデント社」からトップの座を奪うことを視野に入れています。
 島津製作所は研究職社員からノーベル化学賞受賞者(田中耕一さん)を輩出するほど日本企業の中でもユニークな存在。現在、同社はプロ用高級一眼レフカメラ、ハイブリット自動車といった世界的な製品を送り出すかたわら、100分の1グラムの計測器、クッキーのサクサク感を計測できる機械なども製造しています。