読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

ジカ感染と小頭症症例 南東部で増加か

 エスタード紙の報道によると、厚生省伝染病監視局のクラウジオ・マイエロビッチ局長が25日、国内の南東部地方でジカウィルス感染と小頭症の症例数が増加する危険性があると語りました。同局長は「現在まで南東部では重大なウィルスの広がりが見られていない。そのため大半の市民はウィルスに対する抵抗力が弱く、脆弱な状態におかれている」と指摘しています。

リオでの予防措置を強化

 オリンピックが開催されるリオ市での流行が懸念される中、マイエロビッチ局長は「媒体するネッタイシマカの繁殖に不向きな気候条件となる7月以降、例年デング熱のケースがそうであるように、ジカウィルスも減少するのではないか」と希望的観測を述べ、蚊の駆除活動により7月以降さらに危険性が減少すると期待感を滲ませました。もっとも、「新たなウィルスであるゆえに、完全に確信は持てない」とも語り、予防措置をさらに強化するとしています。