ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

テレフォニカが大型投資

 地元紙によると、通信事業大手のテレフォニカは2011年中に、サンパウロ市および周辺都市圏、サンパウロ州内陸および海岸部において光ファイバー網を構築するために約2億レアル(約100億円)を投資することを明らかにしました。この投資額は、同社が一般住宅や企業向けに提供しているインターネット高速接続(ブロードバンド)やケーブルテレビサービスで昨年得た収入7千万レアルの2.8倍強に相当する額です。
 この投資によって新たにブロードバンド接続サービスなどが受けられるようになるのは、サンパウロ市内のブタンタン、ビラ・マダレナ、ピニェイロス、コンソラソン、サンタ・セシリア、セントロ、ブラス、バラ・フンダ、ジャルジン・アメリカ、ジャルジンス、ビラ・マリアーナ、パライーゾ、サウーデ、プラナルト・パウリスタサンタナ、サント・アマーロ、インテルラゴス、アグア・ブランカ、イタイン、アルト・デ・ピニェイロスの各地区。第2期拡張ではラパ、タツアペ、ビラ・フォルモーザ地区が対象となります。
 サンパウロ市以外の地域では、サント・アンドレー、サンベルナルド・ド・カンポ、サンカエターノ・ド・スル、カンピーナス、サントス、リベイロン・プレット、ジュンジアイー、ピラシカーバ、サン・ジョゼ・ドス・カンポス各市と、バルエリ市のアルファビレ、コチア市のグランジャ・ビアナが対象で、サンビセンテ市は第2期となります。
 テレフォニカによると、ブロードバンドサービスの光ファイバーケーブル網はすでにサンパウロ市内40万世帯以上に届き、顧客は約2万人に達している。同社は今年末までにこれを5万人に拡大することが目標だと話しています。