ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

「大サンパウロ圏」が公式名称に

 サンパウロ州議会が24日、「大サンパウロ圏」の名称を公式とすることを承認しました。同名称は市民の間では日常的に使用されていますが、あくまでも便宜的な俗称で公式名称ではありませんでした。今回の議会承認で大サンパウロ圏は39都市からなる正式な機関と位置付けられ、法的効力を果持つことになります。今後大サンパウロ圏内では共通の財政措置なども行われ、各都市間の共通問題を解決していくことになります。
 大サンパウロ圏問題は、ジェラルド・アルキミン・サンパウロ州知事が前回の在任期間時に立案し、2005年に立法議会に提案されていました。約6年の年月を経て、ようやく承認されたものです。
 サンパウロ州サンパウロ圏開発局のエジソン・アパレシード氏によると、今回の承認により、大サンパウロ圏は人口約2千万人、面積約8千平方キロ(州の3%を)を有する世界で4番目の都市圏のなりましたた。同氏は「39都市共通の資金が設けられることで、一つの市では解決が難しい問題について話し合うことで解決が可能になった」とも述べ、「各都市が頭を抱える洪水被害といった問題は、サンカエターノに巨大貯水池を作ることで解決できる」と実効性を強調しました。