ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

投資額は過去最大規模

 国営石油会社ペトロブラスは21日、2010〜14年の投資計画を発表しました。今後5年間に、09年〜13年の計画(1744億ドル)から28%増やし、総額2240億ドルを投資する計画です。投資は増資でまかなう形を取り、沖合鉱区の権益を株主らに配当する代わりに、政府に株式を付与するという方法で増資を図る方針です。
 今回の投資計画に市場は冷ややかです。21日のサンパウロ証券取引所は、平均株価の上昇にもかかわらず、ペトロブラスの株価は下落しました。
 22日の株主総会を前に公表された投資計画は、石油・天然ガス開発に1082億レアルを予定。岩塩層下(プレソルト)原油開発には、330億レアルを充てる計画で、世界最大規模を誇る深海域石油鉱区の開発を強化する方針です。
 石油精製部門には736億レアルの投資を予定。これにはセアラー州マラニョン州に新設する石油精製所が含まれていますが、株式市場は収益性の低い同部門への大型投資を疑問視。同日の平均株価は0.61%上昇したにもかかわらず、ペトロブラスの株価は0.23〜0.31%下げてしまいました。