中南米の最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルを中心に中南米のニュースをお届けします。

ビジネス旅行市場が力強さ失う

 国内メディアによると、ブラジル・ビジネス旅行代理店協会は年初、18年の業績を二けたの伸びと見込んでいましたが、対前年比5~6%増に下方修正しました。レアル(ブラジルの通貨)安を理由に挙げています。ブラジル中央銀行も6月末、2018年の国内総生産成長を大きく引き下げていました。

 同代理店協会は、「年初の業績は期待通りだったが、これからの数カ月間は景気回復の遅れと消費者と企業家の信頼感の悪化がビジネス旅行市場に打撃を与えることになる。我々は前年に対して12~13%の伸び、またはそれ以上を期待していたが、おそらく無理だろう。ビジネス旅行市場の活性化は新大統領誕生の後になると思う」としています。

 同代理店協会は「ビジネス旅行市場に悪影響を与えたのは、レアルに対するドルの上昇。すでに予定されている出張旅行やイベント旅行はそのまま実行されるだろうが、新たな旅行計画は棚上げされる」と見ています。既に海外での会議参加の出張旅行は延期されたり、規模が縮小されたりしているのが現状です。