ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

高齢者の43%が家計支える

 アジェンシア.ブラジルの報道によると、全国商店経営者連合とクレジット保護サービスが州都居住の高齢者を対象の調査で、定年退職した21%が何らかの報酬を得る活動に従事していることが判りました。理由は、年金による収入が家計を賄えないためとしています。調査は27州都の60歳以上の男女を対象に行われ、612人が回答しました。

 現在、年金受給者は調査対象者10人あたり7人となっています。60歳以上で有給の職業に携わっている48%は、生産的な活動に関わりたいためと回答しています。のんびりとしたくないと回答した人も46%でした。また、多くの世帯が60歳以上の家族の収入を当てにしていることも明らかになっています。家計に経済的に貢献している高齢者の割合は91%で、家計を支える主要な収入源だと答えた人も43%に上っています。

 人生における退職後の時期の計画に関する質問では、回答者の32%が老齢に備えた貯金をしてこなかったことを認めている。25%はいつ貯金を始めたか覚えていないと答えた。貯金を始めた年齢を覚えていた回答者は43%で、貯金を始めた年齢の平均は27歳となっている。

 年金受給の準備をしなかったと答えた回答者は、理由として、所得不足(29%)や予算上の余剰金不足(25%)を挙げらています。