ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

長期失業者過去最多

 各メディアによると、ブラジル地理統計院(IBGE)が「全国家庭サンプル継続調査」(4~6月)の結果を16日発表し、国内には2年以上も求職活動を行っている失業者が316万2000人もいる、としています。この数字は対前年同期比8.1%増で、統計史上最多になっています。

 発表によれば、求職期間が1年以上2年未満の失業者は全国に185万7000人、1カ月以上1年未満の失業者は607万9000人となっています。職探しを始めて1カ月未満の人は186万9000人でした。全体の失業率は12.4%で、白人の失業率は9.9%と全体よりも低かったのに対し、黒人は15.0%、褐色人は14.4%といずれも白人を上回り、同調査で統計院は、「黒人及び褐色人の失業率が白人に比べて高い」と指摘しています。