ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

リオのコパカバーナ海岸で17人死傷

 地元での報道によると、リオデジャネイロ市南部のコパカバーナ海岸大通りで18日、走行中の乗用車が歩道に突っ込み、8カ月の女児が死亡、16人が負傷しました。車は道路から歩道に乗り上げ、自転車通行帯を越え砂浜で停止しました。

 車の運転手(41歳の男性)は軍警察に拘束され警察署へ移送、調べに「てんかんの発作が起きた」と説明し、車内から処方薬が発見されました。法医学院での検査では、アルコールは検出されませんでした。

 同市保健局の19日の発表では、病院に搬送された負傷者のうち6人が入院しています。女児は搬送先の病院で死亡しました。負傷者を搬送した消防は、入院している児童は4人で、うち2人の児童とオーストラリア人旅行者一人が重態と説明しています。

 同州交通局は、この男性の運転免許証は違反点数の累積で2014年から停止されおり、今回の事故で男性の免許は取消しになると見ています。