ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

17年のインフレ率2.95%

 地元メディアは、ブラジル地理統計院発表で2017年の公式インフレ率が政府目標の下限(3.00%)より低い2.95%だったと報じました。年間のインフレ率がインフレ目標を下回ったのは1999年に目標設定制度が導入されてから初めてです。インフレ率2.95%は98年に記録した1.65%以来の低さです。

 昨年のインフレ率がここ19年間で最も低くなったのは、広範囲消費者物価指数の調査対象である品目の「食品・飲料」の価格が下落したことが影響しています。「教育」は7.11%、「健康・パーソナルケア」は6.52%、「住宅」は6.26%と軒並み上昇していますが、「食品・飲料」は1.87%下落し、「住宅用品」も1.48%下がりました。

 経済アナリストは、「ボレチン・フォーカス(中央銀行の週次レポート)は、インフレ率は4%以下にとどまりインフレ目標の中央値を下回ると予想している。インフレはコントロールされており、経済成長の回復プロセスを継続させることは可能だ」と述べています。