ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

黒人の失業率が上昇=大サンパウロ圏=

 地元メディアの報道によると、労組横断社会経済調査・統計所が実施した黒人と非黒人の労働調査で、サンパウロ市を含む39市で構成する大サンパウロ都市圏の黒人失業率が、2015年から16年にかけて非黒人の失業率よりも高く推移しました。調査では、非黒人の失業率は15年の12.0%から15.2%へと3.2ポイント上昇しましたが、黒人の失業率は14.9%から19.4%へ4.5ポイントも上がりました。

 男女別で見た場合、大サンパウロ都市圏内では15年から16年にかけて、もともと黒人男性よりも高い黒人女性の失業率が16.3%から20.9%へ上昇しました。黒人男性の失業率は13.7%から18.0%へ上がっています。

 賃金は、非黒人の平均時給が14.17レアルから13.41レアルへと5.3%下がったのに対し、黒人の平均時給の下落率は5.1%と非黒人よりも下げ幅は小さく収まりました。ただし、黒人の平均時給そのものが非黒人よりも低く、15年は9.59レアル、16年は9.10レアルとなっています。