ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

偽造品2.5億円相当をサントス港で押収

 国内メディアによると、サンパウロ州サントス港で税関による一斉摘発が実施され、腕時計やサングラスなど合計約3トンにも上る大量の偽造品を押収しました。国税庁によると、金額にして734万3916レアル(約2億5700万円)相当と推計しています。押収された貨物は中国から出荷されたもので、偽造品や模造品、海賊版を扱うブラジル国内の違法市場に向かうところでした。

 押収された偽造品は、腕時計やサングラス、眼鏡フレームの世界的ブランドのコピー商品で、これらの違法製品は香港から送り出されたコンテナの中に詰め込まれていました。これは引越荷物や旅先で購入した土産物などを郵便や航空便、船便などで送る「別送品」扱いで送られていたものです。押収した違法製品はすべて破壊処分されます。