ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

テメル大統領がバチスタ氏を名誉棄損で提訴

 地元メディアによると、テメル大統領の弁護士が19日、食肉加工大手JBSと親会社J&Fオーナーのジョエズレイ・バチスタ氏を誣告、名誉棄損、侮辱にあたるとして、ブラジリア第12連邦裁判所に刑事告訴しました。バチスタ氏が雑誌「エポカ」のインタビューで「テメル大統領はブラジルで、最も大きく最も危険な犯罪組織のリーダーだ。クーニャ元下院議長への口止め料支払いを大統領は知っていた」といった発言を受け、弁護士が事実無根と訴えたものです。大統領サイドは刑事告訴だけでなく控訴裁判所に、「発言で精神的損害を受けた」と慰謝料の支払いを求める訴訟も起こしています。

 ペトロブラス汚職で捜査対象となっているJ&Fは、連邦検察庁と司法取引で合意し、バチスタ氏を含む同社幹部がテメル大統領について証言を行い、大統領は司法妨害収賄、犯罪組織形成の疑いで最高裁の捜査対象になっています。

 16日に発行されたエポカ誌のインタビュー内容が報じられた後の17日、大統領府広報局は声明を出し、「バチスタ氏の発言内容は虚偽であり、司法の場で争う」という意向を示していました。

 テメル大統領は19日、公式訪問先のロシアへ向け出発しました。