ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

建設会社証言の証拠採用で対立=大統領当選無効審理=

 2014年の大統領選挙で正副大統領として当選したジルマ、テメル両氏の当選無効を訴えた審理が6日から選挙高等裁判所で始まりました。審理で弁護側は建設会社証言の証拠採用に異議を申し立て、報告官は異議を退け証拠採用するよう主張しました。国内メディアが報じています。

 今回の訴えはブラジル民主社会党が起こしたもので、「14年の大統領選はジルマ、テメル両氏の選挙運動が違法に行われ当選は無効」と主張しています。違法性について同党は「未申告の選挙資金口座にペトロブラス汚職に絡んだ企業から不正な資金を受領している可能性がある」と指摘しています。弁護側はいずれも不正への関与を否定しました。これに対し選挙高裁の報告官は、「ペトロブラス汚職の捜査で検察との司法取引で建設会社オデブレヒト社幹部が、ジルマ、テメル両氏に違法な献金を行ったと証言している」と述べ、訴えの正当性を主張しました。

 6日夜に行われた初日の選挙高裁審理では、弁護側が建設会社幹部の証言の内容について、「14年にブラジル民主社会党が起こした訴えの中には含まれていなかった」として、証言の証拠採用に異議を表明しました。翌7日の審理で選挙高裁報告官は、「同党が訴えた時点でペトロブラス汚職に関連した資金が含まれている可能性が指摘されており、建設会社幹部の司法取引証言は最高裁報告官を務める判事も承認している」と述べ、同証言を証拠として採用するよう主張しました。

 同審理の判事投票は、7人の判事で8日に行われる予定です。選挙高裁は、8日は終日審理を行うことを決め、必要があれば9日に新たな審理を行うとしています。