ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

最高裁、テメル大統領の捜査を許可

 大手食肉企業JBSオーナーのジョエズレイ・バチスタ氏が連邦検察庁との司法取引で行ったとされる証言の内容が17日報じられ、政界が混乱しました。メディアの報道によれ、国営石油ペトロブラスをめぐる汚職で勾留されているエドゥアルド・クーニャ元下院議長と資金捜査担当者が証言を行わないよう同オーナー側が資金提供を行っていると供述し、テメル大統領が同オーナーと面会時に資金提供を容認するような発言をしたとしています。また、社会民主党党首アエシオ・ネベス上議が同オーナーに200万レアルの資金を要請したという証言も行われたと報じられました。テメル大統領、ネベス上議はいずれも疑惑を否定しています。

 バチスタ氏兄弟の司法取引証言は、連邦最高裁判所の報告官が会話を録音したテープを含め承認、連邦警察および連邦検察庁は18日、ネベス上議の関係先を家宅捜索し同上議の親族、関係者などを拘束しました。連邦最高裁はネベス上議の議員職務の一時停止を命じ、同証言の内容に関するテメル大統領の捜査開始も許可しています。これでテメル大統領はペトロブラス汚職の捜査対象になりました。

 録音されたジョエズレイ・バチスタ氏とテメル大統領の会話は、今年3月7日にブラジリアの副大統領公邸で秘密裏に行われたとされ、その中でジョエズレイ氏は勾留中のクーニャ元下院議長と資金捜査担当のルシオ・フナロ氏に対し、証言を行わないよう逮捕以来月々の資金提供を行っていると述べ、そのとき大統領は「それを維持しなければならない」と語ったとしています。連邦警察はフナロ氏の親族、クーニャ氏の関係者に資金が渡ったことを掴んでおり、クーニャ氏には少なくとも500万レアル渡ったとみています。

大統領府は疑惑を否定
 大統領府は17日、「大統領はエドゥアルド・クーニャ元下議が沈黙を守るよう支払いを要請したことはない。(クーニャ)元議員による司法への証言または協力を回避する目的を持ついかなる動きにも、加わったことも、許可したこともない」という声明を発表しました。大統領府は、大統領が3月初めにジョエズレイ氏と公邸で会ったことは認めていますが、報道の内容については否定しました。

 大統領は18日午後4時過ぎから大統領府で会見し、証言で言及された内容について強く否定。自身の潔白を主張し、辞任の意思はないことを表明しました。