ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

女性の46%が家庭外でも働きたい

 国連の専門機関である国際労働機関と世論調査コンサルティングのギャラップ社が「労働の実情」について調査、7日結果を発表しました。それによるとブラジル男性の32%が妻は仕事ではなく家にいて欲しいと考え、家の外で働いて欲しい男性は30%でした。女性は家の中と外の両方で働くのが良いと考えている男性が最も多く、36%に上りました。地元での報道です。

 この調査で女性にも同じ質問をしたところ、家にいることを選ぶとした女性は28%、外で仕事をしたい女性は26%、家の中と外の両方で働くのが良いとする女性は46%でした。就業機会の調査では男性の大多数が労働市場で女性は男性と同等の機会を持っているとしていますが、女性は就業条件が男性より悪いと考えています。

女性失業率は13.8%
 ブラジル地理統計院(IBGE)が2012年第1四半期に開始した調査によれば、この四半期のブラジル全体の失業率は7.9%でした。男女別では、男性の失業率が6.2%なのに対し女性は10.3%でした。その後の数年間で男女間の失業率の差はわずかに縮まりましたが、それでもまだ女性の失業率は男性に比べて高くなっています。地理統計院による最新の調査結果では、16年第4四半期のブラジル全体の失業率は12.0%。男性の失業率は全体よりも低い10.7%、女性の失業率は男性よりも3ポイント以上高い13.8%です。

大きい賃金格差
 求人・求職サイトのカトが行った賃金に関する調査では、研修生からマネジャー(部門管理者、支配人)まで、調査対象9職務のすべてにおいて女性の賃金が男性よりも下回っています。男女間の格差が最も激しかったコンサルタント職では、男性の賃金は女性の賃金よりも62.5%高くなっています。他の職務の男女間の賃金差は、オペレーター職58.0%、大卒専門職51.4%、技術専門職47.3%、調整役・管理職・取締役46.7%、スーパーバイザー28.1%、アナリスト20.4%、研修生・インターン16.4%、補助・助手9.0%といずれも男性優位でした。

 エンリケメイレレス財務相は9日、サンパウロ市内で開かれたエスタード・デ・サンパウロ紙のフォーラムの席上、男女間の賃金格差について言及、社会保障改革の新たなルールが承認された場合、この男女間の賃金格差は20年以内に解消されると語りました。