ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

19年間監禁されていた少年を発見

 各メディアによると、サンパウロ市近郊のグアルーリョス市で文民警察が、自宅の離れで監禁状態にあった36歳の男性を保護しました。監禁状態の期間は19年近くに及んでいました。警察が麻薬密売の捜査のため近所を捜査していて、間違って入った家で軟禁状態の男性を発見しました。男性は18歳の時に突然失踪したその家の子どもでした。
 男性が発見された場所は、同市周辺にある家屋裏庭に造られた小部屋。広さは16平方メートルで、マットレスだけのベッドとバケツ、シャワー、トイレがあるだけで、扉と窓は施錠されていました。保護された男性は栄養不良と脱水症状を示しており、精神状態が不安定で、会話ができませんでした。男性は同じ家に住む家族により監禁状態に置かれていたとみられています。
 近隣住民によると、男性はこの地区の学校に通学し、友人もいましたが、16か17歳の時に突然いなくなりました。友人は「静かで頭が良く、スポーツやギターを好む少年だった」と話しています。家族は「はじめはサンパウロ都市圏の他の市、その後は北東部に住んでいる」と説明していました。
 警察の調べで、家族構成は父親と継母、継母には息子が居て、こちらは拘束されていませんでした。男性は薬物を使って監禁状態にされていたと指摘する専門家もいます。捜査責任者は、発見された時の状態では1カ月も生きられないだろうとしており、20年もの長い間、拘束していたとは考えられない、との見方をしています。
 警察へ出頭した父親は、「18歳の時に家を出て、今月17日に戻ってきたばかりだった。子どもは薬物常習者で、自分から部屋に施錠するよう頼んだ。食事は規則的に与えていた」と話しています。