読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

7月の新車販売、前月比微増

 国内メディアによると、全国自動車販売業者連盟(Fenabrave、自販連)は、国内の新車市場の悪化は終わりに近付いているとしています。同連盟が発表した最新データでは、2016年7月の新車販売台数(登録ベース)は乗用車、軽商用車、トラック、バスを合わせて18万1416台。前年同月比では20.29%減ですが、対前月比では5.59%増と2カ月連続で増大しています。自販連のアラリコ・アスンソン・ジュニオル会長は、「悪い時期はもう過ぎた」との考えを述べました。
 新車市場は2014年の途中からしぼみ始め、市場規模は10年前の水準にまで縮小しています。新車不況は労働市場に大きなダメージを与え、自販連によると、新車の販売不振によって店をたたんだ販売業者が15カ月間で1226社に上り、12万4000人の雇用が消失したとしています。
 自販連は7月の結果を受けて、市場がようやく回復に向かう兆しを見せ始めたとしていますが、自動車メーカー各社で作る全国自動車工業会(Anfavea、自工会)は慎重な見方をしています。自工会のアントニオ・メガレ会長は「(7月は)今年で1番良い月だった。しかし、我々はまだ、回復を口にすることはできない」と語っています。

シェア1位はまたGM

 7月のメーカー別シェア(乗用車・軽商用車合算)はゼネラルモーターズGM、16.92%)、フィアット(FIAT、16.42%)、フォルクスワーゲン(VW、12.30%)、トヨタ自動車(9.64%)、フォード(FORD、9.58%)の順になっています。VWを除く4社は前月からシェアを拡大しました。ホンダは前月の6.00%から4.93%にシェアを落としましたが、順位は前月と同じ8位、日産自動車は2.52%から3.07%にシェアを伸ばしたものの前月同様9位でした。