ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

ブラジル人選手が溢れる中国のサッカー

 地元メディアによると、中国のサッカークラブとブラジル人選手の契約が相次いでいます。中国サッカークラブの潤沢な資金と国家主席がサッカーファンで政府が奨励しているのが原因のようです。実力があり、契約金の高い選手には、レアル安による為替差益も魅力と見られています。
 中国2部リーグの天津権健は、1部リーグへの昇格とアジアカップへの出場を目標にしており、バンデルレイルシェンブルゴ監督、ミッドフィールダーのジャドソン選手、フォワードのルイス・ファビアーノ選手と契約しました。さらに同クラブは他のブラジル人選手も探しています。
 天津権健のコーディネーター、ルー氏によると、「2014年W杯でドイツに7対1で敗れる屈辱的な敗北を喫した。ブラジルはサッカーの国であり、ブラジルの選手やコーチたちは中国サッカー発展の助けになると考えている」と話しています。同氏はまた「W杯での敗北は、ブラジルサッカーのイメージを少し変化させたが、個別に見ると優れた選手が多くいる。サッカーは集団で行うゲームだが、目立つ個人の選手も必要だ。チームには、個性のある選手がいた方がいい。中国サッカー界に不足しているのは、ブラジルの質の高い技術である」としています。
 北京で生まれ、1988年からブラジルに在住しているタン・ウェイ在ブラジル中国商工会議所理事は、「昨年のレアル下落によりブラジルの選手の契約金額が国際市場で40%まで下がり、そのため人材を獲得する主な場所としてブラジルが選ばれている」と説明しています。
 移籍の数は、13年に習近平国家主席が就任して以来急増しています。習主席の目標は中国がW杯の決勝の舞台に立つだけでなく、中期的には世界選手権の開催国になることといわれます。国営のクラブは投下資金が増加し、民間のクラブも税金免除などの財政支援が行われています。
 ウェイ会頭は、「中国に住んでいた子供の時から、いつもブラジルのサッカーに魅せられていた。しかし中国は、選手を呼び寄せることだけに関心があるわけではない。スポーツ医学分野への進出も視野にあり、ブラジルは長年の伝統によりこの分野でのノウハウを持っている」と述べています。