ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

マリナ氏のレデ党を政党として正式承認=高等選挙裁判所

 高等選挙裁判所は22日、マリナ・シルバ氏(元上議・環境相)が率いるレデ・スステンタビリダーデ(持続的ネットワーク)を正式な政党として全会一致で承認しました。34番目の公認政党になります。この承認で同党は、来年の全国市長・市会議員選挙から独自候補の擁立が可能になりました。
 同党は2013年に旗揚げしましたが、当時は政党承認に必要な有権者の署名が不足したため高等選挙裁判所で認められませんでした。マリナ氏は10年は緑の党、14年は急死したエドゥアルド・カンポス候補に代わってブラジル社会党から大統領選挙に出馬、いずれも第3位の得票数でした。各メディアの報道では、同氏は承認決定後、政治的な持続性が求められていると、権力によらない計画的な国家統治の必要性を強調しています。
 マリナ氏は10月10日、毎日新聞社の招きで来日、講演やシンポジウムに出席する予定です。