ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

日本人は3番目のコミュニティ=サンパウロ市=

 地元メディアによると、サンパウロ市観光公社の調査研究機関がこのほど、同市内で持続的に在住する外国人の国籍別集計「サンパウロで暮らす外国人コミュニティ」を調査、発表しました。最も大きなコミュニティはポルトガル系で10万855人。2番目はボリビア人(5万3235人)、3番目が日本人で4万7317人でした。
 同集計は国家外国人登録システムのデータを元に作成されたもので、日本の次はイタリア、スペイン、中国、韓国と続いています。欧州のリヒテンシュタインや東南アジアのミャンマー、アフリカのベナンレソト、世界で最も人口が少ないサンマリノ共和国(イタリア半島)の国民も暮らしており、まさにサンパウロは人種の坩堝といえそうです。

4番目以降の国名と在住者数

 イタリア(3万3388)、スペイン(2万6496)、中国(2万4914)、韓国(1万6979)、アルゼンチン(1万3816)、ドイツ(9751)、チリ(9449)、米国(8475)、フランス(6749)、レバノン(6672)、ペルー(6160)、パラグアイ(5504)となっています。