ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

ブログで高収入を得る少女たち

 地元メディアによると、ファッション、美容、音楽など流行の最先端を走る人気ブロガーのブラジル人少女らが若者の憧れの的になり、インターネット上に公開した自身のプロフィールで高収入を得ています。
 マリアナサンパイオさん(19)は、昨年閉鎖したソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の「Orkut(オルクッチ)」が全盛期だった当時から人気ブロガーとして知られ、自身のブログは現在も1カ月に30万件のアクセス数を誇ります。フェイスブックの写真共有アプリ「インスタグラム」とスポンサー契約を結び、1回の写真投稿につき3500レアルの収入を得るまでになっています。セレブになった今では新店舗の開店やファッションショーなどの際にVIPとして出演して報酬を得るほか、月にインスタグラムで平均10件の写真投稿収入を得るため、これだけでも月収が3万5000レアルになります。
 「15歳を過ぎてから」というブログで有名になったブルーナ・ビエイラさん(20)の収入を見ると、自身のブログ内広告掲載で6000レアル、インスタグラムへの写真投稿で3500レアル、フェイスブックへの投稿でさらに2500レアルを稼いでいます。15歳の失恋を機にブログを立ち上げ、日記を書き始めたところファンが増え、ファッションや美容などについて書き始めるようになると、化粧品メーカーのボチカリオ社などからも注目されるようになったそうです。ブルーナさんは、ブログのアクセス数が150万件に達し、自叙伝4冊も約20万部を売り上げました。
 彼女たちのようにインスタグラムをはじめとするインターネットサイトを通じて高収入を得るブロガーの呼び名として、「インスタブロガー」という造語も生まれています。