ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

W杯で日系社会の対応状況

 6月12日からブラジル国内で開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)まで、あと3週間弱となりました。例年のW杯大会に比べて今一つ盛り上がりに欠けますが、同14日の日本代表戦に向けてサンパウロ市の日系社会でも「ブラジルW杯日本人訪問者支援委員会」がようやく重い腰を上げ、東洋街の文協ビル内で応援観戦を行う方向で動き出しています。日本代表の試合会場となるレシフェナタルクイアバ各市の競技場はもちろんのこと、既にリオ市の日系社会でも日系団体が一体となった応援を行うことが決まっています。
 リオ州日伯文化体育連盟の鹿田明義理事長によると、リオ市では同連盟、文協、日系協会、商工会議所の日系4団体とリオ総領事館の計5団体が協力し合う形で6月14日、同市内コスメ・ベーリョ区にある日系協会会館で日本代表の応援を行う予定です。当日は午後10時からの試合開始を前に、午後8時から同会館で日系団体関係者による踊りや太鼓のイベントが行われ、大会を盛り上げます。W杯開催中、日本の大手広告代理店がリオ市内ジョッキークラブで日本関連のプロモーション(紹介)イベントを行い、同会場では日本以外にもメキシコやロシアなど各国の文化紹介も併せて実施されます。
 鹿田理事長は、「リオは日系社会が小さい分、まとまりがある。14日は楽しみながら皆で日本代表を応援して盛り上げたい」と語っています。
 サンパウロ市では、1月中旬に発足した「ブラジルワールドカップ日本人訪問者支援委員会」(木多喜八郎委員長)がようやく動き始め、6月14日の日本代表戦に向けて文協ビル内での観戦準備を始めました。同委員会の中島エドワルド事務局長は、「観戦場所はまだ検討中ですが、大講堂前サロンか(2階の)貴賓室を予定しています。当日は午後8時ごろに集まってもらって飲んだり食べたりしながら観戦できれば」と話し、大型スクリーンを準備しての観戦になりそうです。最初は在サンパウロ総領事館内の3階多目的ホールで観戦するという話もありましたが、文協ビル内でと決まりました。
  サンパウロ市の宮城県人会(中沢宏一会長)では支援委員会とは別に、大会期間中は東洋街にある同会館で独自の応援活動を行います。W杯での日本戦の全試合を舞台上にある幅約3メートルの大型スクリーンに映写するほか、同大会に出場する世界32カ国の国旗に合わせて製作した七夕飾りを会場内に飾ります。中沢会長によると、同県人会には日本在住者からW杯に関する問い合 わせメールも数多く、大会期間中に同県人会に宿泊する日本人は延べ50人にも上ります。2011年から七夕祭りの縁でつながったクイアバ市日系団体とも連携し、約70人を同市のホテルに紹介しました。
  中沢会長は「これまで県費留学生・研修生の受け入れなど日本政府や県にはお世話になっており、W杯開催の機会に日本から来る人たちのために何らかの形で応えたいと思ってやっている。大会期間中の訪問者のために、みそ汁やカフェ、おにぎりのほか、屋上で風呂の用意もしようと思っている」と万全の態勢で臨みます。
 日系旅行社の話では、日本側でブラジルの入国ビザ(査証)を申請した数は約5000件あり、W杯大会期間中にブラジルを訪問するする日本人サポーター及び一般の観客が集中的に訪れることが考えられ、混乱が心配されています。この混乱に対応しようと各地の日系社会が協力して準備を進めています。
 ブラジルワールドカップ日本人訪問者支援委員会では各日系団体がウェブサイト上で相互リンクを張っており、各種対応を行っています。
 同支援委員会のウェブサイトは(http://www.bunkyo.org.br/ja-JP/worldcup)。