ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

肥満で死亡者が3倍増加

 地元メディアによると、ブラジル国内では肥満とそれに関連した合併症によって死亡した国民の数が、過去10年間で約3倍増加していることが分かりました。2001年当時、肥満が原因で死亡した患者数は808人でしたが、11年度には2390人と196%も増加しています。
 厚生省によると、人口100万人当たりの死者数も01年の5.4人から11.9人に倍増しています。この調査の「肥満」の定義は、死亡証明書に肥満が原因の一つとして記載されている人たちです。
 内分泌医でブラジル肥満研究協会のマリオ・カラ会長は、「肥満に関連した病気で死亡した患者の主な原因は、心臓発作や脳卒中などの心血管疾患だが、睡眠時の無呼吸や腎不全、他のさまざまな種類のがんなど、多くの病気とも関連性があることが既に解明されている」と説明しています。