ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

ラジオが「メトロ混雑時はナンパの好機!?」 

 地元メディアによると、サンパウロ市地下鉄(メトロ)は、トランザメリカFM局で放送されたラジオ広告が名誉毀損にあたる内容だったとして、同局を提訴する方針です。メトロによると、ラジオ広告の中で同局のアナウンサーが「混雑しているメトロは好きだ。ナンパの場として最高の場所だからだ」と話したことで、ソーシャル・ネットワーキング・サービス上で大きな反響を呼び、メトロ側では放置しておけないと提訴することにしたようです。
 メトロの対応にラジオ局では「わいせつな行為や暴力行為を促進しているわけではないし、混雑した場所で居合わせた他人とコミュニケーションを取ることはブラジルでは日常的なことだ」と反論しています。
 メトロ側は反論に対し、「世界中のどの国の地下鉄でもピーク時には混雑する」と述べ、「このことを強調するべきだった」としています。今回のラジオ広告内容には、メトロも広告代理店(ノバSB社)も事前報告を受けていなかったそうです。