ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

政府とサンパウロ州が治安維持で連携再構築

 地元メディアによると、サンパウロ州内で警察官を狙った襲撃事件が頻発していることで、ジルマ大統領がジェラルド・アルキミン州知事に電話、政府が治安維持対策の協力を提案しました。今年に入ってから警察退職者を含む警察官91人が殺害されています。このためサンパウロ州保安局は、大規模な掃討作戦を行うなど犯罪撲滅対策に力を注いでいますが、十分な効果が上がっていません。これから政府の協力によりどの程度効果が上がるか、関係者は注目しています。
 電話対談でジルマ大統領は、刑務所に服役中の囚人をサンパウロ州内から他州の刑務所に移送することと、政府とサンパウロ州保安局が連携して活動を展開することを提案しています。今週中にジョゼ・カルドーゾ法務相が州保安局の担当者と話し合うことも決まりました。
 ジルマ大統領がアルキミン知事に協力を申し出た背景には、これまで政府と州政府との実務者レベルで確執があり、うまく連携がとれていませんでした。このためトップ会談で協力体制を再構築する狙いがあったとみられています。州保安局のアントニオ・ピント局長は、トップ会談について「政府の扇動的な行動は許容できないが、協力の申し出は受け入れるつもりだ。ジルマ大統領とアルキミン知事の話し合いに一任する」と微妙な言い回しをしています。