ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

国道で売春行為

 地元エスタード紙によると、連邦国道警察庁がまとめた2009〜10年の国道監視システム調査結果が発表され、国道上で行われている少女たちの売春行為が明らかになりました。
 全国の国道は延べ6万6千キロですが、そのうち67・5%が都市部を通っています。調査では、国道の約1820か所で少女売春行為が行われていると推定しています。
 最大の国道道路網を持つ5州では監視体制が脆弱とされており、5州内で問題視されている道路監視所は全伯の45・7%を占めています。これまでも国道上の犯罪防止対策と監視対策を改善するよう指摘されてきましたが、何ら対策が採られていないことに批判の声が上がっています。