ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

さようなら「日本の翼」 JAL最終便がSPを出発

 会社更生手続き中の日本航空サンパウロ成田線(ニューヨーク経由)から撤退することとなり、サンパウロ(グァルーリョス)国際空港発の最終便が27日午後11時50分、日本に向けて飛び立ちました。これに先立ち同日夜、同空港の搭乗口前で「お別れ」のセレモニーが開かれ、搭乗客約250人が参加。日本とブラジルを結ぶ架け橋となっていた日本航空が定期便就航以来、32年の歴史に幕を閉じることへの名残りを惜しみました。
 1978年に定期便が就航された同路線は、日本の航空会社が運行する路線としては最長路線。最終便出発を前に搭乗受付カウンター周辺では、これまで同路線を運行してきたB747―400型機の模型が展示され、各搭乗客が客室乗務員と一緒に記念撮影を行ないました。

名残りを惜しむ搭乗客たち

 幼いころから日本とブラジルを行き来している日系4世の宮本ルーカスさんは、「私の国籍はブラジルだが、現在は日本でマスメディア関係の仕事をしている。今日で最終便だと思うと、日本とブラジルをつなぐ絆が絶たれたように感じる」と残念がっていました。
 サンパウロ蘭協会会員の長井勝磨さん(77、2世)は同協会の旅行のために日本航空を利用。「日系社会において日本航空は欠かせない存在」と話し、今後、米国や欧州を経由して日本へ行くことに関して「年寄りにとって乗換えが大変になるのは厳しい。なんだか日本が遠く感じてしまう」と一日も早い再開を願っていました。