ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

サンパウロ市モノレール計画の入札不調

 サンパウロ市の公共交通網整備計画で建設費の安いモノレール建設計画(ビラ・プルデンテから東部のシダーデ・チラデンテスを結ぶ)が進められてますが、前回に引き続き今回も工事入札が失敗に終わりました。同市が定めた約20億レアルの最高価格を下回る応札企業がなかったためで、このままでは2013年の納期どころか計画実現が危うい状態になっています。
 前回の入札でも応札企業の提示価格が予算を43%上回ったために、18日に再度入札が行われたもので、今回も市の最高限度額を下回る額で応札した企業はありませんでした。
 度重なる入札不調で、関係者からは入札制を採らずに企業と直接契約する方法も視野に入れて検討する必要があると指摘する声も出ています。