ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

失業率は1998年以来の低水準

 労働シンジケート経済研究所Dieeseは先月末、6大都市の失業率が8月の14.5%から9月には14.1%に下がったと発表しました。9月の失業率としては1998年以来の低水準です。失業者数は推定で283万9000人で、8月より7万2000人減少しています。
 失業率の低下はサンパウロ市とレシフェ市が顕著で、ベロオリゾンテ市、サルバドール市、ポルトアレグレ市、ブラジリアは大きな変化は見られません。比較的安定しているのはブラジリアということです。