ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

サンパウロを地震が直撃

 22日午後9時5分、マグニチュード5.2の地震サンパウロ市を直撃しました。これまでサンパウロ地震がないといわれており、突然襲った地震サンパウロ市民は恐れおののいたということです。幸いに負傷者は出なかったようです。
 現地での報道によりますと、サンパウロ市東部のヴィーラ・アウピーナ州立病院では壁に1メートルの亀裂が出来、ペルジーゼス区の15階建てアパートでは、揺れの激しさに驚いた住人たちが階下に避難、7階で横になってテレビを見ていた女性弁護士は突然ベッドが揺れ、天井の扇風機が揺れているのを見て、あわてて外へ飛び出し、ポンペイア区の女性歯科医は「突然、音を伴う揺れがきた。飛行機の落下では、と感じた」と話したそうです。また、大サンパウロ圏ではABCD地帯はもちろん、マウアー、リベイロン・ピーレスの各市でも驚いた市民が屋外に飛び出たようです。
 地震とは縁がないといわれ、日本で地震に襲われたブラジル人は、大地が揺れることに大変な恐怖を感じるといいますが、サンパウロを襲ったこの地震には、サンパウロっ子も飛び上がって驚いたようです。