ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

2016-04-01から1ヶ月間の記事一覧

農村地域での紛争が多発 死者も50人

地元メディアによると、カトリック教会の農地司牧委員会(CPT)報告書によると、2015年に農村地域での紛争で殺害された農業者数が50人に上り、過去12年間で最多を記録しました。14年の36人から39%の増加です。今世紀に入って最も犠牲者数が多かったのは03年…

貿易収支 9億2500万ドルの黒字

開発商工省によると、2016年4月第3週(11〜17日、5営業日)のブラジルの貿易は、輸出が36億7000万ドル、輸入が27億4500万ドル、収支は9億2500万ドルの黒字でした。これで同月の収支黒字は25億4800万ドルになり、年初来累計の黒字は109億3600万ドルになりまし…

インフレ予想改善

地元メディアによると、ブラジル中央銀行(BCB)が18日公表した週次レポートで、2016年の年間インフレ率予想は前週の7.14%よりも低い7.08%に低下しました。これで6週連続の低下です。17年の予想も5.95%から5.93%に下がりました。 逆に経済成長見通しは悪…

日曜営業禁止条例案を可決=ベロ・オリゾンテ市=

ミナス・ジェライス州の地元紙によると、州都ベロ・オリゾンテ市の市議会が同市内のスーパーマーケット並びにハイパーマーケットの日曜日の営業を禁じる条例案を可決しました。同法案の提案者であるウェリントン・マガリャンエス市議会議長は、「日曜日は休…

西森下議、新政権樹立に努力

日系連邦下院議員の西森ルイス議員(共和党)は、労働者党親派の立場を取る共和党議員に働きかけ、党議員40人中26人を説得、ジルマ大統領罷免賛成に投じて貰いました。現在、国民はテーメル副大統領による新連立政権体制に期待が寄せられるようになっていま…

着々と進む大統領弾劾

下院議会でジルマ大統領弾劾の第1弾として下院議員による投票が行われ、下院議員の3分の2以上が賛成し上院で審議されることになりました。上院では10日以内に審議が始まります。 日系議員の解説では、上院の審議はジルマ大統領を180日間停職処分とし調査を…

「イスラム国」のメンバー?から警告メッセージ

地元メディアによると、ブラジル情報庁は13日、フランスで129人が死亡した昨年11月のテロ事件の1週間後、ブラジルへの警告と見られるメッセージが過激派組織「イスラム国」メンバーと思われる男によってツイッター上に掲載されていたと公表しました。メッセ…

「最後まで戦う」とジルマ大統領

地元メディアによると、大統領弾劾手続き開始請求に関する下院投票が近づく中、ジルマ大統領は13日午前、大統領府にジャーナリストを招いて会見しました。会見で大統領は、弾劾請求の根拠とされている背任の罪を改めて否定。「政変の企てが進んでいる」と弾…

弾劾は「エリートの争い」 中下層の関心は別に

アジェンシア・ブラジルによると、調査会社ダタ・ポプラール社のレナト・メイレレス所長は、「中下層の所得層はジルマ大統領の弾劾騒ぎを権力闘争、エリートの争いだと見ている」と語りました。同クラスは人口に占める割合に比べて弾劾支持・反対の活動への…

弾劾手続き請求の審議は本会議へ=下院

各メディアによると、ジルマ大統領の弾劾手続き開始請求を審議する下院特別委員会で11日、弾劾手続きの継続に賛成とするアランテス報告官(労働党)の意見書に対する投票が行われ、65委員の過半数38人が賛成して可決されました。反対は27。これを受けて同意…

政治危機をめぐり提案された数々の「構想」

地元メディアによると、国内が政治危機で揺れる中、ジルマ大統領に対する弾劾手続きだけでなく、「解決策」として総選挙まで含むいくつかの提案が浮上しています。5日にはカリェイロス上院議長(民主運動党、アラゴアス州)が、マリーナ・シルバ元上議(レ…

ブラジル・キリン アンベブへ工場売却か

地元メディアによれば、ブラジルのビール市場で約7割のシェアを持つラテンアメリカ最大の飲料メーカー、アンベブ社は飲料の生産と瓶詰能力増強のため、キリンホールディングス(磯崎功典社長、本社=東京都)の子会社であるブラジル・キリンの工場(リオ州…

報告官が議会手続きの継続求める=大統領弾劾

各メディアによると、ジルマ大統領の弾劾手続き開始請求を審議する下院特別委員会で6日、報告官のジョバイール・アランテス議員(労働党・ゴイアス州)が意見書を発表、疑惑の最低限の間接的証拠があるとして、「弾劾に関する審議を継続するべき」との見解…

テメル副大統領の弾劾請求 メロ判事が下院に審議開始求める

地元メディアによると、今年1月、クーニャ下院議長(民主運動党)が保管措置としたミシェル・テメル副大統領(民主運動党)の弾劾手続き開始請求について、最高裁判所のマルコ・アウレリオ・メロ判事が5日、クーニャ議長に対し弾劾請求を受理し特別委員会…

ブラジルからの訪日就労 増加の兆し

地元メディアが、日本での就労を希望するブラジル人が増加の兆しと報じています。ブラジル外務省のデータでは、2008年に31万2000人のブラジル人が日本で働いていましたが、08〜09年の世界金融危機による産業部門の雇用減少、11年の東日本大震災と原発事故の…

小児科医が労働者党所属市議の息子の診察を拒否

エスタード紙によると、ブラジル南部のリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレ市で、小児科医が与党労働者党所属市議の息子の診察を拒否しました。同市の補欠市議で労働者党のアリアネ・レイトン氏は2週間前にルーラ前大統領が官房長官に任命され、そ…

インフルエンザ流行で幼稚園や学校は対策に大わらわ

フォーリャ紙によると、A型インフルエンザ(H1N1)の流行でサンパウロ市内の幼稚園や学校は、園内や校内での感染を避けるため予防対策に大わらわです。インフルエンザ予防のためサンパウロ市サンタ・セシリア区の幼稚園は、1日に園児たちが手を洗う回…

政治家告発の民警捜査員の死 連邦警察も捜査

エスタード紙によると、3月26日にミナス・ジェライス州文民警察捜査員のルカス・ゴメス・アルカンジョ氏の遺体が自宅で発見された件で、事件解明に連邦警察が捜査に加わる見通しになりました。エウジェニオ・アラゴン法務相の要請によるものです。アルカン…

化粧品等保管の企業認証取得=ブラジル日本通運=

ブラジル日本通運(細谷浩司社長)は、サンパウロ市から北に約40キロ離れたカジャマール倉庫で化粧品、衛生品等の保管に関してANVISA(ブラジル国家衛生監督庁)から企業活動認証を取得しました。これで同社は同製品類及び原材料を幅広く取り扱うこと…

経済