ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

ウィルス性熱病の感染報告が増加

北東部のセアラー州で、ネッタイシマカがウィルスを媒介するチクングニア熱、デング熱、ジカ熱の症例報告が増加しています。特にチクングニア熱の増加が顕著で、セアラー州政府のデータによれば、年初から確認された感染件数は5万8957件に上っています。国…

有罪判決のルーラ元大統領の資産封鎖

国内メディアによると、ブラジル銀行が出資する民間年金保険会社は20日、クリチバ第13連邦裁判所にルーラ元大統領に関連した2つの年金プランの資金を封鎖したと通知しました。その前の18日にはブラジル中央銀行がルーラ氏名義の複数の銀行口座の資金計60万6…

路上生活の男性、寒波で死亡

ここ4年間で一番の寒さを記録した18日、サンパウロ市内西部ピニェイロス地区で、路上生活者の男性が遺体で発見されました。法医学院で検死されましたが、19日時点で死因は特定されていません。地元メディアによると、現場で調べた軍警察は遺体には暴行を受…

南部2州の各地で氷点下

猛暑の続く日本とは反対にブラジル南部は、猛烈な寒波に襲われています。地元での報道によると、アルゼンチンから北上した寒気の影響によるもので、今週に入ってブラジル南部を中心に気温がグングン下がり、多くの市民が震え上がっています。18日は、リオ・…

カンピーナス都市圏からの海外移住者増加

地元紙の報道によると、移民の受け入れ国として知られるブラジルから、海外への脱出組が増加しています。サンパウロから100キロほど離れ、日系人もたくさん生活するカンピーナス都市圏からも海外移住組が増え、2012年の203件から16年には553件へと2.7倍に増…

小売り施設1万軒が閉鎖

国内メディアによると、2017年第1四半期(1~3月)にブラジル全国で合計9965の小売り施設が閉鎖されました。全国商業連合の推計です。 同連合のエコノミストによれば、「約1万の施設閉鎖は2015年第1四半期以降で最も少なく、16年第1四半期と比べ75%減と大幅…

サンパウロ圏の失業者212万人

サンパウロ州データ分析機構によると、サンパウロ市とその周辺の38市で構成されるサンパウロ都市圏の失業率が前月比で0.2ポイント高の19.8%、212万人でした。前年同月比では2.2ポイント高でした。国内メディアが報じています。 サンパウロ都市圏の生産年齢…

偽造品2.5億円相当をサントス港で押収

国内メディアによると、サンパウロ州サントス港で税関による一斉摘発が実施され、腕時計やサングラスなど合計約3トンにも上る大量の偽造品を押収しました。国税庁によると、金額にして734万3916レアル(約2億5700万円)相当と推計しています。押収された貨物…

ルーラ元大統領が収賄、資金洗浄で有罪

国内各メディアによると、パラナ第13連邦裁判所は12日、ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ元大統領(71)に、収賄および資金洗浄の罪で禁固9年6月の有罪判決を言い渡しました。ルーラ元大統領は、建設企業OASがペトロブラスと契約する際、OAS社…

大統領起訴の手続き継続の意見書

国内メディアの報道によると、テメル大統領(PMDB=ブラジル民主運動党)の収賄容疑起訴の手続き継続の可否を審議する下院憲政委員会で、10日、報告官のズベイテル議員(PMDB)が手続き継続の意見を表明しました。同議員は「連邦検察庁から提出され…

新車需要が拡大中=自販連=

各メディアによると、3年連続前年を下回っていた上半期(1~6月)の新車販売台数が4年ぶりにプラスになりました。全国自動車販売業者連盟(自販連)が4日公表したもので、2017年1~6月累計の新車販売台数(登録ベース)は乗用車、軽商用車、トラック、バスの…

汚職専従チーム解散で、検察庁が批判

連邦警察は6日の声明で、パラナ州クリチバ市の連邦警察でペトロブラス汚職捜査を専門に担当していたグループの捜査責任者を汚職・公的資金横領撲滅警察に配置換えすると発表しました。各メディアが報じています。この措置で同グループの捜査官は今後、ペト…

4人に1人がクレジット利用を拒否される

クレジット保護サービスと全国商店経営者連合がまとめた消費者のクレジット利用調査で、2017年5月は消費者の25%(4人に1人)が、分割払いで物品を購入、あるいは資金を借り入れようとして拒否されたことが判りました。理由は債務不履行者として登録され…

3人に1人が路上犯罪や警察暴力に恐怖

調査会社ダタフォーリャが行なった調査で、日没後に住居地域で起きる犯罪や軍警察官の暴力に恐怖心があるという回答者が35%もいることが分かりました。フォーリャ紙の報道です。調査は、6月21~23日に国内194市の2771人(16歳以上)を対象に行われました。…

男女別料金は女性の不当利用で違法

各メディアによると、法務公共保安省の下部組織である国家消費者局が、バーやレストラン、ナイトクラブ、バラーダ(ディスコ)がイベントやパーティーで設定する男女別料金は違法として、3日ら1カ月以内に撤廃するよう通達しました。 通達では、1カ月の猶…

下院での大統領起訴可否判断審理始まる

国内メディアによると、連邦検察庁が連邦最高裁判所へ提出したテメル大統領の収賄容疑に関する起訴の可否を判断する下院審理が29日から始まりました。最高裁が同案件の訴訟を開始するかどうかを判断するには下院本会議で議員数(定数513)の3分の2以上の賛…

スマホ販売25%の伸び

地元メディアによると、国内におけるスマートフォン(スマホ)の販売が大きく伸びています。情報技術専門調査会社IDCの調査によるもので、2017年第1四半期(1~3月)の国内スマホ販売数は16年同時期を25.4%上回る1240万台に上りました。 IDCは、「16年の年…

性的暴行が3割以上増加=サンパウロ州=

地元での報道によると、5月にサンパウロ州で起きた性的暴行の件数が昨年同月比で30%以上の増加となっています。州内の性的暴行事件は943件で、昨年同月より260件(38・07%)も増加しました。サンパウロ市だけでも、昨年同月の184件から225件へ22・28%増…

7日から3日間、日本祭り開催 17万人来場を予想

7月7日~9日の3日間、サンパウロ市サンパウロ・エキスポ・センターでブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)主催の「第20回フェスティバル・ド・ジャポン(日本祭り)」が開催されます。「20年の歩み」をテーマに開かれ、3日間で17万人の来場…

大統領は潔白を主張

連邦検察庁が26日、ミシェル・テメル大統領(PMDB=ブラジル民主運動党)とロドリゴ・ロシャ・ロウレス元下議(PMDB)を収賄容疑で連邦最高裁判所に起訴した件で、テメル大統領は27日大統領府で声明を発表、今回の起訴は具体的証拠に基づかないもの…

財務相が成長軌道に乗ったと表明

地元メディアによると、エンリケ・メイレレス財務相が20日、短文投稿サイト・ツイッターで「第一次産業、第二次産業、第三次産業ともに回復のいくつかの兆候が見られ、それらは成長軌道の始まりを示している」と指摘、さらに「企業各社が労働者の新規採用を…

連邦検察が大統領を収賄罪で起訴

ブラジル連邦検察は26日、食肉加工会社「JBS」から50万レアル(約1700万円)の賄賂を受け取ったとして、テメル大統領を収賄罪で起訴しました。連邦警察は、同社幹部の証言でテメル大統領、ロウレス元下院議員を収賄、司法妨害、組織犯罪加担の容疑で捜…

農産物収穫予想を上方修正

国内各メディアによると、ブラジル地理統計院が8日、2017年の農産物収穫量予想の上方修正を発表し、前年比29.2%増の2億3860万トンになるとしています。地理統計院は当初、今年の収穫量を前年比16%増と発表していました。それが月を追うごとに上向きに修正…

サントス市が占い師に過料4000レアル 

地元メディアによると、観光地で有名なサントス市が「あなたの愛する人を取り戻します」「愛する人をつなぎ止めます」などの宣伝文と連絡先、料金(200レアル)を書いたチラシを市内の電柱に貼りまくっていた占い師(女性、86歳)に4000レアル(約14万円)の…

大統領のバチスタ氏提訴を棄却

国内メディアによると、食肉加工大手JBSと親会社J&F社オーナーのジョエズレイ・バチスタ氏をテメル大統領の弁護士が「雑誌での発言はでたらめだ」として刑事告訴しましたが、ブラジリア第12連邦裁判所の判事は20日、同訴えを棄却しました。 判事は棄却…

テメル大統領がバチスタ氏を名誉棄損で提訴

地元メディアによると、テメル大統領の弁護士が19日、食肉加工大手JBSと親会社J&Fオーナーのジョエズレイ・バチスタ氏を誣告、名誉棄損、侮辱にあたるとして、ブラジリア第12連邦裁判所に刑事告訴しました。バチスタ氏が雑誌「エポカ」のインタビュー…

政治危機で投資時期を再検討

自動車メーカー各社で作る全国自動車工業会のアントニオ・メガレ会長は国内メディアの取材に、「現在の政治危機(汚職捜査)によってメーカー各社が投資を中止することはないが、各社は(投資の)スピードを再検討している」と語りました。 各メディアは、メ…

高齢のカード利用者狙う詐欺

地元メディアによると、ペルナンブコ州文民警察は、クレジットカード利用者をねらった新手の詐欺とみられる犯罪グループを追っています。被害に遭っているのは主に高齢者です。 犯罪グループの手口は以下のような手順です。 まず犯罪グループは被害者のデー…

娘虐待容疑で母親逮捕

地元での報道によれば、自分の娘(17歳)を1カ月以上家の中に鎖で繋いで閉じ込めていた母親(43)が13日、サンパウロ州ソロカバ市内で虐待の容疑で同市警備隊に逮捕されました。逮捕された母親は、娘は薬物中毒のため、中毒を治すための荒療治だったと供述…

高まる風力発電への期待

タイバ風力発電所(北東部セラー州フォルタレーザ市)管理会社の技術担当者は、「新たな需要向け、特に北東部など深刻な干ばつに苦しむ地方での発電には再生可能エネルギーである風力発電が適している」と話しています。強い風が継続的に吹く地域の多いブラジ…

カブラル元リオ州知事に禁錮14年

ペトロブラス汚職案件を審理するクリチバ第13連邦裁判所は13日、ペトロブラス関連の工事契約に絡む汚職裁判でセルジオ・カブラル元リオ・デ・ジャネイロ州知事に収賄および資金洗浄の罪で禁固14年2月の有罪判決を言い渡したと発表しました。カブラル元知事…

ジルマ・テメル両氏の当選は有効

2014年の大統領選挙でジルマ前大統領(PT=労働者等)を正大統領、テメル現大統領(PMDB=ブラジル民主運動党)を副大統領候補として候補者連記名簿を示し運動、当選した件で、ブラジル社会民主党が不正があったと当選無効を訴え、選挙高等裁判所は6日…

新車販売17%の伸び

全国自動車販売業者連盟(自販連)の発表によると、2017年5月のブラジル国内の新車販売台数(登録ベース)は乗用車、軽商用車、トラック、バスを合わせて19万5568台で、前月を24.63%、16年5月を16.77%、それぞれ上回りました。今年1~5月の累計販売台数は1…

テメル大統領に新たな疑惑

国内メディアが、テメル大統領が副大統領在任中の2011年に家族をサンパウロからバイーア州まで食肉加工大手JBS社オーナーのジョエズレイ・バチスタ氏が所有する小型ジェット機を利用し連れて行った、との疑惑を報じています。JBS社と親会社J&Fはペ…

建設会社証言の証拠採用で対立=大統領当選無効審理=

2014年の大統領選挙で正副大統領として当選したジルマ、テメル両氏の当選無効を訴えた審理が6日から選挙高等裁判所で始まりました。審理で弁護側は建設会社証言の証拠採用に異議を申し立て、報告官は異議を退け証拠採用するよう主張しました。国内メディア…

麻薬取引に積極的な女性増加

国内メディアによると、サンパウロ州刑務所管理局の調査で、州内の刑務所など刑事収容施設にされている女性が10年で90%も増加しているのが判りました。2007年には6531人だった女性収容者が17年には1万2438人に増加しています。サンパウロ市郊外のカンピー…

ジルマ、テメル両氏当選無効の審理開始

ブラジル国内での報道によれば、選挙高等裁判所で6日から、2014年の大統領選挙で当選したジルマ前大統領とテメル副大統領(当時)の当選無効の審理が始められました。ブラジル民主社会党の訴えによるものです。審理で当選無効の判断が示されても、テメル大…

9四半期ぶりプラス成長 景気後退終了には疑問符も

2015年第1四半期(1~3月)から8四半期連続もマイナス成長を続けていたブラジル経済が今年第1四半期にようやくプラス成長に転じました。ブラジル地理統計院が、17年第1四半期の国内総生産(GDP)は前期(16年第4四半期)比で1.0%拡大した、と発表したもので…

大西洋岸森林の伐採増加

アジェンシア・ブラジルの報道によると、SOS大西洋岸森林(マタ・アトランチカ)財団と国立宇宙調査研究院は29日、2015年から16年の1年間に伐採された大西洋岸森林の面積が2万9075ヘクタールとなり、前年から57.7%増加したとするデータを発表しました…

政治危機の噴出で経済の先行きは不透明

物価上昇の勢いの衰えとより低い水準に引き下げられた各種金利が、小売業者の景況感に好影響を与えています。しかし、ミシェル・テメル大統領の不正疑惑噴出で再び政局が混乱し始めており、調子を取り戻しつつあった経済活動も先行き不透明感を増しています…

経産省主催の就職説明会をブラジルで開催

日本の経済産業省が日系人向けの就職説明会を19、21両日、サンパウロ、パラナ州マリンガ両市で開きました。説明会には日本の素材製造系の企業7社、運送系企業1社の計8社が参加しました。採用されれば企業から直接雇用される雇用形態で、これまでの就職斡…

バーレが上場企業最高益

国内メディアによると、財務情報を扱うエコノマチカ社が上場企業の利益をまとめ発表しました。上場企業の中で2017年第1四半期(1~3月)に最も大きな純利益を上げたのは資源企業のバーレで、16年第1四半期比で25.0%増の78億9111万3000レアル(約2762億円)…

大統領が新移民法を一部項目を拒否して裁可 

上議院サイトによると、ミシェル・テメル大統領は新たな移民法を一部を拒否した上で裁可、25日付官報に掲載しました。同法は、1980年に制定された外国人法に代わるもので、軍政時代に制定された現行法には差別的な面があるとされていました。新法は移住者の…

大統領辞任求めるデモが暴徒化

国内メディアによると、ブラジリア連邦直轄区ブラジリアの官庁街で24日、テメル大統領の辞任を求め、現政権が進める社会保障制度および労働法制改革への反対を訴えるデモが行われました。労働組合組織や学生団体、社会運動グループなどの呼びかけによるもの…

警察官による殺害が1日平均3人

地元メディアによると、リオデジャネイロ州内で今年1月から4月の間に警察の介入に抵抗して殺害されたとされる人数が383人に上りました。昨年同時期の241人から59%の増加で、1日平均3人、8時間に1人が殺害されている計算になります。公共保安研究所の…

客足伸びる ショッピングモール

国内メディアによると、人の行動調査などを行うイボペ・インテリジェンシアと客足調査などを手がけるマイス・フルクソがまとめたショッピングモールの活動状況から、モニタリング対象の国内123のモールの来館者数が2017年4月、前年同月比で3.4%増加していま…

政治家1800人超に不正資金、テメル大統領は受領を否定

ペトロブラスに関係した汚職捜査に関し大手食肉企業JBSとその持ち株会社J&Fのオーナー、ジョエズレイ・バチスタ氏ら同社幹部による司法取引証言が連邦検察に行いましたが、最高裁は19日、同社幹部が行った証言の映像を公開しました。映像で同社幹部の…

出版市場、2年間で17%縮む

経済調査院、書籍出版業組合、ブラジル書籍会議所3団体が17日公表した「ブラジルの出版業界の生産と販売」によると、出版市場の規模が2016年は前年度に比べ5.2%縮小しました。出版社各社は、縮小はブラジルの経済危機を反映したものだと指摘し、業績の落ち…

最高裁、テメル大統領の捜査を許可

大手食肉企業JBSオーナーのジョエズレイ・バチスタ氏が連邦検察庁との司法取引で行ったとされる証言の内容が17日報じられ、政界が混乱しました。メディアの報道によれ、国営石油ペトロブラスをめぐる汚職で勾留されているエドゥアルド・クーニャ元下院議…

3割がブラジル経済「良くなる」

調査機関ダタフォーリャが2日公表した最新の調査で、ブラジル経済の先行きを悲観的に見るブラジル人が減少していることが分かりました。地元メディアによると、ブラジル経済がこの先悪化するとした人は2016年12月調査では回答者の41%でしたが、今年4月の調…