ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

テメル大統領がバチスタ氏を名誉棄損で提訴

地元メディアによると、テメル大統領の弁護士が19日、食肉加工大手JBSと親会社J&Fオーナーのジョエズレイ・バチスタ氏を誣告、名誉棄損、侮辱にあたるとして、ブラジリア第12連邦裁判所に刑事告訴しました。バチスタ氏が雑誌「エポカ」のインタビュー…

政治危機で投資時期を再検討

自動車メーカー各社で作る全国自動車工業会のアントニオ・メガレ会長は国内メディアの取材に、「現在の政治危機(汚職捜査)によってメーカー各社が投資を中止することはないが、各社は(投資の)スピードを再検討している」と語りました。 各メディアは、メ…

高齢のカード利用者狙う詐欺

地元メディアによると、ペルナンブコ州文民警察は、クレジットカード利用者をねらった新手の詐欺とみられる犯罪グループを追っています。被害に遭っているのは主に高齢者です。 犯罪グループの手口は以下のような手順です。 まず犯罪グループは被害者のデー…

娘虐待容疑で母親逮捕

地元での報道によれば、自分の娘(17歳)を1カ月以上家の中に鎖で繋いで閉じ込めていた母親(43)が13日、サンパウロ州ソロカバ市内で虐待の容疑で同市警備隊に逮捕されました。逮捕された母親は、娘は薬物中毒のため、中毒を治すための荒療治だったと供述…

高まる風力発電への期待

タイバ風力発電所(北東部セラー州フォルタレーザ市)管理会社の技術担当者は、「新たな需要向け、特に北東部など深刻な干ばつに苦しむ地方での発電には再生可能エネルギーである風力発電が適している」と話しています。強い風が継続的に吹く地域の多いブラジ…

カブラル元リオ州知事に禁錮14年

ペトロブラス汚職案件を審理するクリチバ第13連邦裁判所は13日、ペトロブラス関連の工事契約に絡む汚職裁判でセルジオ・カブラル元リオ・デ・ジャネイロ州知事に収賄および資金洗浄の罪で禁固14年2月の有罪判決を言い渡したと発表しました。カブラル元知事…

ジルマ・テメル両氏の当選は有効

2014年の大統領選挙でジルマ前大統領(PT=労働者等)を正大統領、テメル現大統領(PMDB=ブラジル民主運動党)を副大統領候補として候補者連記名簿を示し運動、当選した件で、ブラジル社会民主党が不正があったと当選無効を訴え、選挙高等裁判所は6日…

新車販売17%の伸び

全国自動車販売業者連盟(自販連)の発表によると、2017年5月のブラジル国内の新車販売台数(登録ベース)は乗用車、軽商用車、トラック、バスを合わせて19万5568台で、前月を24.63%、16年5月を16.77%、それぞれ上回りました。今年1~5月の累計販売台数は1…

テメル大統領に新たな疑惑

国内メディアが、テメル大統領が副大統領在任中の2011年に家族をサンパウロからバイーア州まで食肉加工大手JBS社オーナーのジョエズレイ・バチスタ氏が所有する小型ジェット機を利用し連れて行った、との疑惑を報じています。JBS社と親会社J&Fはペ…

建設会社証言の証拠採用で対立=大統領当選無効審理=

2014年の大統領選挙で正副大統領として当選したジルマ、テメル両氏の当選無効を訴えた審理が6日から選挙高等裁判所で始まりました。審理で弁護側は建設会社証言の証拠採用に異議を申し立て、報告官は異議を退け証拠採用するよう主張しました。国内メディア…

麻薬取引に積極的な女性増加

国内メディアによると、サンパウロ州刑務所管理局の調査で、州内の刑務所など刑事収容施設にされている女性が10年で90%も増加しているのが判りました。2007年には6531人だった女性収容者が17年には1万2438人に増加しています。サンパウロ市郊外のカンピー…

ジルマ、テメル両氏当選無効の審理開始

ブラジル国内での報道によれば、選挙高等裁判所で6日から、2014年の大統領選挙で当選したジルマ前大統領とテメル副大統領(当時)の当選無効の審理が始められました。ブラジル民主社会党の訴えによるものです。審理で当選無効の判断が示されても、テメル大…

9四半期ぶりプラス成長 景気後退終了には疑問符も

2015年第1四半期(1~3月)から8四半期連続もマイナス成長を続けていたブラジル経済が今年第1四半期にようやくプラス成長に転じました。ブラジル地理統計院が、17年第1四半期の国内総生産(GDP)は前期(16年第4四半期)比で1.0%拡大した、と発表したもので…

大西洋岸森林の伐採増加

アジェンシア・ブラジルの報道によると、SOS大西洋岸森林(マタ・アトランチカ)財団と国立宇宙調査研究院は29日、2015年から16年の1年間に伐採された大西洋岸森林の面積が2万9075ヘクタールとなり、前年から57.7%増加したとするデータを発表しました…

政治危機の噴出で経済の先行きは不透明

物価上昇の勢いの衰えとより低い水準に引き下げられた各種金利が、小売業者の景況感に好影響を与えています。しかし、ミシェル・テメル大統領の不正疑惑噴出で再び政局が混乱し始めており、調子を取り戻しつつあった経済活動も先行き不透明感を増しています…

経産省主催の就職説明会をブラジルで開催

日本の経済産業省が日系人向けの就職説明会を19、21両日、サンパウロ、パラナ州マリンガ両市で開きました。説明会には日本の素材製造系の企業7社、運送系企業1社の計8社が参加しました。採用されれば企業から直接雇用される雇用形態で、これまでの就職斡…

バーレが上場企業最高益

国内メディアによると、財務情報を扱うエコノマチカ社が上場企業の利益をまとめ発表しました。上場企業の中で2017年第1四半期(1~3月)に最も大きな純利益を上げたのは資源企業のバーレで、16年第1四半期比で25.0%増の78億9111万3000レアル(約2762億円)…

大統領が新移民法を一部項目を拒否して裁可 

上議院サイトによると、ミシェル・テメル大統領は新たな移民法を一部を拒否した上で裁可、25日付官報に掲載しました。同法は、1980年に制定された外国人法に代わるもので、軍政時代に制定された現行法には差別的な面があるとされていました。新法は移住者の…

大統領辞任求めるデモが暴徒化

国内メディアによると、ブラジリア連邦直轄区ブラジリアの官庁街で24日、テメル大統領の辞任を求め、現政権が進める社会保障制度および労働法制改革への反対を訴えるデモが行われました。労働組合組織や学生団体、社会運動グループなどの呼びかけによるもの…

警察官による殺害が1日平均3人

地元メディアによると、リオデジャネイロ州内で今年1月から4月の間に警察の介入に抵抗して殺害されたとされる人数が383人に上りました。昨年同時期の241人から59%の増加で、1日平均3人、8時間に1人が殺害されている計算になります。公共保安研究所の…

客足伸びる ショッピングモール

国内メディアによると、人の行動調査などを行うイボペ・インテリジェンシアと客足調査などを手がけるマイス・フルクソがまとめたショッピングモールの活動状況から、モニタリング対象の国内123のモールの来館者数が2017年4月、前年同月比で3.4%増加していま…

政治家1800人超に不正資金、テメル大統領は受領を否定

ペトロブラスに関係した汚職捜査に関し大手食肉企業JBSとその持ち株会社J&Fのオーナー、ジョエズレイ・バチスタ氏ら同社幹部による司法取引証言が連邦検察に行いましたが、最高裁は19日、同社幹部が行った証言の映像を公開しました。映像で同社幹部の…

出版市場、2年間で17%縮む

経済調査院、書籍出版業組合、ブラジル書籍会議所3団体が17日公表した「ブラジルの出版業界の生産と販売」によると、出版市場の規模が2016年は前年度に比べ5.2%縮小しました。出版社各社は、縮小はブラジルの経済危機を反映したものだと指摘し、業績の落ち…

最高裁、テメル大統領の捜査を許可

大手食肉企業JBSオーナーのジョエズレイ・バチスタ氏が連邦検察庁との司法取引で行ったとされる証言の内容が17日報じられ、政界が混乱しました。メディアの報道によれ、国営石油ペトロブラスをめぐる汚職で勾留されているエドゥアルド・クーニャ元下院議…

3割がブラジル経済「良くなる」

調査機関ダタフォーリャが2日公表した最新の調査で、ブラジル経済の先行きを悲観的に見るブラジル人が減少していることが分かりました。地元メディアによると、ブラジル経済がこの先悪化するとした人は2016年12月調査では回答者の41%でしたが、今年4月の調…

子持ちの独身女性世帯が10年前から110万増加

地元メディアが、他の親族と同居している場合も含め配偶者のいない女性と子供で構成される世帯が2005年から15年の間に約110万世帯増加した,と報じています。05年の1050万世帯に対し、15年のデータでは1160万世帯に増加しています。 ブラジル地理統計院が発…

マクドナルドがラ米地域で利益倍増

地元メディアによると、米ハンバーガーチェーン・マクドナルドの店舗をラテン・アメリカ全域で展開するアルゼンチン企業、アルコス・ドラドスが2017年第1四半期(1~3月)の成績を16年第1四半期の純利益の2.5倍を超える4060万ドルになったと発表しました。ブ…

GMオニキスが安全性で最低の評価

自動車の安全性をテストするラテン新車アセスメントプログラムが発表した衝突安全性試験で、ブラジルで製造され2015年8月から国内新車市場で月間販売台数トップの座を維持し続けている乗用車、ゼネラル・モーターズのオニキスが、安全性で「星0個」と最低…

ルーラ元大統領が起訴内容を否認

国内メディアによると、ルーラ元大統領がペトロブラスの契約で建設会社に便宜を図った見返りに高級マンションなどの形で賄賂を受け取ったとして起訴された公判で、10日、同元大統領に対する被告人質問がパラナ州クリチバ市の第13連邦裁判所で行われ、同氏は…

坂本龍一氏公演に1万5000人

ジャパンハウス開館記念コンサート出演のため来伯した音楽家の坂本龍一氏と三宅純氏が7日、サンパウロ市イビラプエラ公園で、無料コンサートを行いました。観客が1万5000人(主催者発表)も集まる盛況ぶりに、主催したジャパンハウス関係者もえびす顔でし…

ペトロブラス汚職捜査で汚職減少への期待は45%

調査会社ダタフォーリャが先月末に行ったペトロブラス汚職に関する意識調査によると、捜査で汚職が減少していくと思うかの問いに、回答者の45%が減少すると答えました。同汚職捜査は2014年3月に始まってから3年以上が経過しています。同調査は先月26、27…

ハイネケンのブラジル・キリン買収を承認=経済防衛行政審議会=

日本の公正取引委員会に当たる経済防衛行政審議会は5日、オランダのビールメーカー、ハイネケンによるキリンホールディングス(磯崎功典社長、本社=東京都)の子会社、ブラジル・キリンの買収を制限なしで認める決定をしました。国内メディアが報じていま…

ブラジル経済0.2%成長=IMF予想

地元メディアによると、国際通貨基金(IMF)が18日、最新のブラジル経済成長予想を発表しました。それによるとブラジル経済は2017年に景気後退(リセッション)から脱し、18年にはプラス1.7%と成長が加速するとしています。IMFは「状況の改善は政治的不確実…

新築住宅成約数は低水準

地元メディアによると、サンパウロ商用・住宅不動産売買・賃貸・管理業者組合が26日、ブラジル最大の不動産市場であるサンパウロ市の2017年2月の新築分譲住宅の成約戸数を前月比28.3%増、前年同月比4.5%減の798戸と発表しました。成約戸数は過去の数字に比…

携帯、1年間で1514万件減

地元メディアによると、国家電気通信庁が11日、2017年2月末時点の携帯電話の契約回線数は2億4291万8971件と発表、前月末時点に比べ50万608件、16年2月末時点に比べ1514万3806件も減少しました。 今年1月末から2月末にかけては、首都ブラジリアを含む27州中の…

44%が「非常に満足」=15歳の生活満足度調査=

経済協力開発機構(OECD)が19日に発表した2015年度PISA(国際学生評価プログラム)調査の「学生の満足度」報告書で、ブラジルの15歳生徒の生活に対する満足度が先進国の生徒より高いということが分かりました。国内メディアが報じています。72カ国…

職務中に誘拐され現金など奪われる

地元メディアによると、交通取締りを業務とするサンパウロ市交通工学公社の係員が26日、仕事中に電撃誘拐される事件が起きました。 事件の経緯は、交通工学公社の係員が同市内西部の幹線道路で路上に停車していた車両をけん引しようとしたところ、別の車に乗…

リオ州のATM爆破事件はPCCが指導

リオ・デ・ジャネイロ市および同都市圏で銀行支店のATM(現金自動預け払い機)が連続して爆破される事件が起きていますが、同州検察局は実行犯をサンパウロ州を拠点とする犯罪組織PCC(州都第一コマンド)のメンバーから訓練を受けた人間とみています…

自動二輪生産が対前年比で1.6%増

オートバイ・メーカーが加盟するブラジル2輪自工会が12日、2017年第1四半期(1~3月)のブラジル国内オートバイ生産台数は対前年同時期に比べ1.6%増の23万1381台と発表しました。国内メディアが報じたものです。 17年のオートバイの生産は1月に前年同月比7.…

立ち小便に罰金条例がサンパウロ市議会通過

地元メディアによると、サンパウロ市議会は19日、路上で立ち小便をした場合500レアル(約1万7500円)の罰金を科す条例案を賛成多数で可決しました。サンパウロ市長が承認すれば発効します。主に街頭カーニバルや文化イベント「ビラーダ・クルトゥラル」、L…

上場企業全体で9%増益

国内メディアによると、財務情報を提供するエコノマチカ社の調べで、2016年のブラジル上場企業295社の純利益合計が前年を9.4%上回りました。純利益合計は980億レアル(約3兆4300億円)で、15年は896億レアルでした。エコノマチカ社がモニタリングしている26…

日系3世のエンジュさん 日本で歌手デビュー

日本音楽サンパウロ州ジュニア大会や日本音楽ブラジル全国大会で優勝し、2013年の県連主催フェスティバル・ド・ジャポンのミス日系コンテストで「ミス・サンパウロ」に輝くなど、実力派のエンジュ(本名=島田デボラ・エンジュ、3世)が今月、歌謡曲「いと…

汚職捜査で最高裁に特別作業グループ

地元メディアによると、ペトロブラス汚職捜査の手続きを早めるため、最高裁に特別作業グループが設置される見通しです。作業グループの規模はまだ明らかにされていません。現在同事件を最高裁で担当しているのは3人の判事補と判事1人です。 ジェトゥリオ・…

成人の45%が慢性疾患

サンパウロ州立カンピーナス大学がブラジル全国で6万人を対象に実施した第1回全国健康調査の分析結果で、18歳以上のブラジル人の45%が慢性疾患に苦しんでいることが分かりました。明らかになった慢性疾患は高血圧、糖尿病、関節炎やリウマチ、背中・腰の…

消費者の景況感上昇

地元メディアによると、消費者の景況感を表すジェツリオ・バルガス財団(FGV)の指数、消費者信頼感指数が3月、対前月で3.5ポイント上昇、14年12月以降で最も高い水準の85.3ポイントになりました。3月は同指数の現況を評価する指標と期待感の指標両方が改善…

大臣、議長、議員など98人を捜査開始

エスタード・デ・サンパウロ紙によると、国営ペトロブラス社を巡る汚職捜査で連邦最高裁判所は連邦検察庁に対し、汚職に関連した76件の捜査開始を許可しました。捜査対象になるのは8人の現職大臣、上下両院議長を含む上院議員24人、下院議員39人の98人に上…

パラナ州経済使節団が大田区で企業誘致

ブラジルの西森ルイス下院議員を団長とする「パラナ州日伯友好経済使節団」(団員17人)が来日、10日、東京・大田区の産業プラザで中小企業経営者を対象にブラジル・ロンドリーナ市への進出を促すセミナーを開きました。セミナーでは西森議員、ベリナッチ・…

世界に先駆けジャパンハウス30日に開館

「日本文化の戦略的海外発信」基地として2015年から建設準備が始められ、ビジネス街の中心パウリスタ大通りに16年から建設中だったサンパウロのジャパンハウス(JH)が先ごろ完成、30日に開館式が行われます。JHは日本文化を広める拠点となる場所で、ここ…

大卒の路上生活者が増加

リオ市役所が調査、発表した「路上生活者への支援及び社会的包摂プラグラム」によると、同市内で路上生活している大学卒業者が2015年から16年にかけて75%も増加、40人から70人になっています。国内メディアが報道しました。 同市内中心部はもともと路上生活…

不況でもデジタル広告業界は拡大

ブラジルにおけるデジタル広告への投資は経済危機の最中でも拡大しています。米国のオンライン広告の協議会であるインタラクティブ・アドバタイジング・ビューローのブラジル支部が29日に公表した報告書「デジタル・アドスペンド2017」によると、ブラジルで2…