中南米の最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルを中心に中南米のニュースをお届けします。

サンパウロ市が豪雨被害

地元メディアによると、サンパウロ市を10日に襲った豪雨で、100万レアル以上の輸入車が水没するなど、大きな被害を受けました。 豪雨は過去37年間で最悪と言われるもので、1万人以上が消防に救助を求め、サンパウロ州全体でも6人が死亡しました。サンパウロ…

ドル高が一服

地元メディアによると、為替市場はドル高レアル安の相場が続いていましたが、13日、1ドルが4.38レアルの安値にまで進行後、中央銀行が外国為替スワップ契約の追加オークションを発表したことでレアルが上昇し始め、終値は4.35レアルで引けました。 中央銀行…

バス乗客に警察官が暴行

地元メディアによると、インターネットに挙げられたバスの乗客に暴力を振るう警察官の映像が問題になり、12日、軍警は映像に登場する2人の警察官について調べを始めました。 事件は11日夜にサンパウロ南部のバスターミナルのバで起きました。警察官2人が乗降…

ドル高レアル安が続く

地元メディアによると、米国ドルは11日、対レアルに対し高値が続き、2日間連騰しました。終値は4.32レアルで引け、一時は4.34レアルというドル高レアル安でした。 市場では景気回復の鈍化で、レアルに対する投資魅力が薄れている、としています。実際の両替…

エレベーター墜落事故で4人死亡

地元メディアによると、12月30日、サントスの住宅でエレベーターが墜落し家族4人が死亡した事故で、サントス市役所は現場保存を行うとともに、原因の究明に乗り出しています。責任を問われているエレベーター管理会社は事故は部品の欠陥が原因と指摘し、13日…

下院が副議長解任の最高裁決定を覆す

地元メディアによると、ブラジル下院は5日、最高連邦裁判所のホセ・ウィルソン・サンティアゴ副議長の解任を覆し、続投を決定しました。副議長の解任を下院で認めるには賛成257票が必要でしたが、170票しか集まらず、ホセ副議長の解任は否決されました。副議…

武漢から8日、29人が帰国

地元メディアによると、コロナウイルスが猛威を振るっている中国武漢地域へブラジル政府が救援機を飛ばし、8日朝にゴイアス州アナポリス市に到着予定です。救援機は大統領専用予備機で、子ども7人を含む29人が同機で帰国します。武漢では医療チームが症状の…

連邦政府の禁欲の勧めに批判

地元メディアによると、連邦政府は3日、思春期の妊娠予防のための全国キャンペーン開始を発表しました。この開始に伴い保健省が、「性的禁欲を奨励する」と述べたことで批判が起きています。批判者は「禁欲を未成年者の禁酒奨励とは同列に論じられない」とし…

ブラジルも中国へ自国民救出機を派遣

地元メディアによると、コロナウイルスの蔓延でブラジル政府は2日、武漢在住のブラジル人全員を帰還させると発表しました。この決定は、中国在住のブラジル人グループが助けを求めるビデオを公開したことに後押しされて決定されたものです。 外務省は中国に…

ボルソナロ大統領が病院で検診

地元メディアによると、ボルソナロ大統領は30日、ミナスジェライス州ベロオリゾンテ市の豪雨の影響を受けた地域を上空から視察し、ブラジリアに戻ってから空軍病院に行き1時間半過ごしました。大統領府は病院へ行った理由を明らかにしてません。記者団の質問…

米国がブラジル人移民を強制送還

地元メディアによると、国家安全保障局は29日、米国政府がメキシコ国境を経由して米国に入ったブラジル移民をメキシコに送り返し始めた、と発表しました。米国政府は、「メキシコとの国境を通って入国するブラジル人の数が増加したための処置」としています…

ボーイングとエンブラエル資本提携、エアバスに対抗

地元メディアによると、ブラジル経済防衛行政審議会は27日、ボーイング社によるエンブラエル(ブラジルの航空機メーカー)の株式購入を承認しました。両社は合弁会社を設立の予定です。承認理由を同審議会は「同じ市場で競争することなく、また公平な競争を…

パラグアイで脱走した囚人11人を逮捕

ブラジルのメディアによると、パラグアイの刑務所から19日に76人の囚人が脱走した事件で、パラグアイ警察は26日、2人の逃亡者を逮捕、その前の逮捕者を含め11人を逮捕しました。残り65人はまだ逃亡中です。また警察は、逃亡を手助けしたとして同刑務所警備員…

ブラジルでもコロナ・ウイルス流行を詳報

中国のコロナ・ウイルスの流行については、中国との貿易量が多く、中国人も数多く在住しているブラジルでも詳しく報道され、23日には中国での死亡者数が25人になり、835人の患者が出ている、日本と韓国でも感染者が出ていると報じました。 ブラジルでも警戒…

文化大臣に女優就任か

地元メディアによると、女優のレジーナ・ドゥアルテさんが22日、大統領府でボルソナロ大統領と会食、復活予定の文化省大臣への就任を打診されました。彼女は報道陣に許諾の返事を明らかにしませんでした。彼女は報道陣の質問に、「私は知らないし、これが今…

鉱滓ダム決壊は鉱山会社の安全無視

地元メディアによると、ミナス・ジェライス検察局は21日、「鉱山会社バーレとコンサルティング会社テュフ ズードは、鉱滓ダムは安全だと虚偽の報告をしていた」と発表しました。それによると、「バーレは昨年1月に決壊した鉱滓ダムの安全面に問題があると認…

リオ州で銃乱射事件、1人死亡、8人負傷

地元メディアによると、リオデジャネイロ州北部で19日夜、男が拳銃を乱射し、1人が死亡し、8人が負傷しました。死亡したのは28歳の青年で、負傷した47歳の女性は腹部を撃たれており、病院へ運ばれましたが重体です。 警察によると、被害者たちは男より30メー…

ブラジルを目指す76人の脱獄囚人

地元メディアによると、パラグアイの刑務所の囚人76人が脱走し、ブラジル法務省は逃亡囚人のブラジル侵入を防ぐため19日、マト・グロッソ・ド・スル州を中心にパラグアイとの国境を閉鎖しました。パラグアイ政府によると、逃亡者は犯罪組織のメンバーで、ブ…

ボリビア元大統領、武装グループ結成から後退

ブラジル・メディアの報道によると、ボリビア元大統領のエボ・モラレス氏は、12月のブエノスアイレスでの記者会見で「ベネズエラをモデルに武力グループを作る」と語り、ボリビアの反モラレス派から強い批判を浴びていましたが、16日に公開された書簡に「生…

汚染ビールで2人死亡

地元メディアによると、、ミナスジェライス州民事警察は15日、製造工程で汚染したと思われるビールを飲み2人目の犠牲者が出たと発表しました。1人目は7日に死亡していますが、同ビールを飲んだ可能性を指摘されています。 事態を重く見た農務省は調査に入り…

日本がベネズエラのグアイド氏支持を表明

日本政府は14日、ベネズエラ共和国情勢を発表、5日に国会議長に再選され、7日に暫定大統領就任を宣誓したグアイド氏の支持を改めて表明しました。日本政府は2019年2月以降,グアイド暫定大統領を支持しており、自由で公正な大統領選挙の早期実施を求…

不足していた乳児向け混合ワクチンの接種開始

地元メディアによると、ブラジル連邦政府は14日、不足していたジフテリア、破傷風、百日咳、B型肝炎の混合ワクチンを不足州へ提供し始めました。昨年、品質管理に問題があり、10月から配布済みの混合ワクチンを回収、このため10月以降、同ワクチンが不足して…

ゴーン被告の発言に森法相が「根拠がない」と反論

地元メディア9日の報道によると、カルロス・ゴーン被告のベイルートでの日本の司法を批判する発言に対し、森正子法務大臣が在伯日本大使館を通じ、「抽象的、あいまい、根拠がない」と反論したと伝えています。 報道によると、ゴーン被告は「日産と日本政府…

「ブラジルへは何時でも行ける」=ゴーン被告=

日本から逃亡した元日産会長のカルロス・ゴーン被告はブラジル育ちで同国とは縁も深く、8日夜、ベイルートでブラジルのメディアGloboNewsの独占インタビューの模様が放映されました。同メディアの報道によると、ゴーン被告はどのような方法で逃げたかの詳述…

ツィッターがベネズエラ大統領関連のアカウント停止

ブラジルメディア7日付けの報道によると、ツィッター社はベネズエラのニコラス・マドゥロ政権関連のアカウントを停止しました。この中には中央銀行やベネズエラ国軍、大統領関係の報道機関も含まれています。ただ、大統領の個人アカウントはアクティブです。…

カイシャ銀と東京海上が合弁会社設立

6日付け日本経済新聞によると、東京海上はブラジル大手のカイシャ銀行と組み、住宅向けの火災保険などを手掛ける新会社を設立する方針を固めました。東京海上の新会社への出資額は約400億円とみられます。 東京海上が合弁会社を設立する相手はカイシャ銀傘下…

著名な人類学者が死去

助元メディアによると、リオデジャネイロ州立大学元教授で、暴力問題専門家の女性人類学者として知られるアルバ・ザアル氏(77歳)が19日、死亡しました。家族の話しでは、膵臓がんを患っていました。 同氏は1965年にリオデジャネイロ州立大学で社会科学を専…

遺伝子治療で末期がん克服

地元メディアによると、末期がんを宣告されたベロオリゾンテ市元公務員が前例のない遺伝子治療で完治し、10月には退院していましたが、11日、事故で頭部に重傷を負い、それが原因で死亡しました。17日、葬儀が行われました。 死亡したのはヴァンベルト・ルイ…

国境監視強化で犯罪者摘発向上

地元メディアによると、ブラジル連邦警察と軍隊は16日、ブラジルとパラグアイの国境監視強化のための会議を開き、オペレーションセンターとIRS2システムの連携強化で、国境監視を一段と厳しくします。当局は「組織犯罪、マネーロンダリング、麻薬、武器密売…

リオ市長の評価は72%が悪い

地元メディアによると、世論調査会社ダッタフォーリャは15日、マルセロ・リオデジャネイロ市長に対する市民調査結果を発表しました。「オ グローボ」「フォーリャ・デ・サンパウロ」両紙の依頼で11日から13日にかけ実施されたもので、市民872人が回答しました…