読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

職務中に誘拐され現金など奪われる

地元メディアによると、交通取締りを業務とするサンパウロ市交通工学公社の係員が26日、仕事中に電撃誘拐される事件が起きました。 事件の経緯は、交通工学公社の係員が同市内西部の幹線道路で路上に停車していた車両をけん引しようとしたところ、別の車に乗…

リオ州のATM爆破事件はPCCが指導

リオ・デ・ジャネイロ市および同都市圏で銀行支店のATM(現金自動預け払い機)が連続して爆破される事件が起きていますが、同州検察局は実行犯をサンパウロ州を拠点とする犯罪組織PCC(州都第一コマンド)のメンバーから訓練を受けた人間とみています…

自動二輪生産が対前年比で1.6%増

オートバイ・メーカーが加盟するブラジル2輪自工会が12日、2017年第1四半期(1~3月)のブラジル国内オートバイ生産台数は対前年同時期に比べ1.6%増の23万1381台と発表しました。国内メディアが報じたものです。 17年のオートバイの生産は1月に前年同月比7.…

立ち小便に罰金条例がサンパウロ市議会通過

地元メディアによると、サンパウロ市議会は19日、路上で立ち小便をした場合500レアル(約1万7500円)の罰金を科す条例案を賛成多数で可決しました。サンパウロ市長が承認すれば発効します。主に街頭カーニバルや文化イベント「ビラーダ・クルトゥラル」、L…

上場企業全体で9%増益

国内メディアによると、財務情報を提供するエコノマチカ社の調べで、2016年のブラジル上場企業295社の純利益合計が前年を9.4%上回りました。純利益合計は980億レアル(約3兆4300億円)で、15年は896億レアルでした。エコノマチカ社がモニタリングしている26…

日系3世のエンジュさん 日本で歌手デビュー

日本音楽サンパウロ州ジュニア大会や日本音楽ブラジル全国大会で優勝し、2013年の県連主催フェスティバル・ド・ジャポンのミス日系コンテストで「ミス・サンパウロ」に輝くなど、実力派のエンジュ(本名=島田デボラ・エンジュ、3世)が今月、歌謡曲「いと…

汚職捜査で最高裁に特別作業グループ

地元メディアによると、ペトロブラス汚職捜査の手続きを早めるため、最高裁に特別作業グループが設置される見通しです。作業グループの規模はまだ明らかにされていません。現在同事件を最高裁で担当しているのは3人の判事補と判事1人です。 ジェトゥリオ・…

成人の45%が慢性疾患

サンパウロ州立カンピーナス大学がブラジル全国で6万人を対象に実施した第1回全国健康調査の分析結果で、18歳以上のブラジル人の45%が慢性疾患に苦しんでいることが分かりました。明らかになった慢性疾患は高血圧、糖尿病、関節炎やリウマチ、背中・腰の…

消費者の景況感上昇

地元メディアによると、消費者の景況感を表すジェツリオ・バルガス財団(FGV)の指数、消費者信頼感指数が3月、対前月で3.5ポイント上昇、14年12月以降で最も高い水準の85.3ポイントになりました。3月は同指数の現況を評価する指標と期待感の指標両方が改善…

大臣、議長、議員など98人を捜査開始

エスタード・デ・サンパウロ紙によると、国営ペトロブラス社を巡る汚職捜査で連邦最高裁判所は連邦検察庁に対し、汚職に関連した76件の捜査開始を許可しました。捜査対象になるのは8人の現職大臣、上下両院議長を含む上院議員24人、下院議員39人の98人に上…

パラナ州経済使節団が大田区で企業誘致

ブラジルの西森ルイス下院議員を団長とする「パラナ州日伯友好経済使節団」(団員17人)が来日、10日、東京・大田区の産業プラザで中小企業経営者を対象にブラジル・ロンドリーナ市への進出を促すセミナーを開きました。セミナーでは西森議員、ベリナッチ・…

世界に先駆けジャパンハウス30日に開館

「日本文化の戦略的海外発信」基地として2015年から建設準備が始められ、ビジネス街の中心パウリスタ大通りに16年から建設中だったサンパウロのジャパンハウス(JH)が先ごろ完成、30日に開館式が行われます。JHは日本文化を広める拠点となる場所で、ここ…

大卒の路上生活者が増加

リオ市役所が調査、発表した「路上生活者への支援及び社会的包摂プラグラム」によると、同市内で路上生活している大学卒業者が2015年から16年にかけて75%も増加、40人から70人になっています。国内メディアが報道しました。 同市内中心部はもともと路上生活…

不況でもデジタル広告業界は拡大

ブラジルにおけるデジタル広告への投資は経済危機の最中でも拡大しています。米国のオンライン広告の協議会であるインタラクティブ・アドバタイジング・ビューローのブラジル支部が29日に公表した報告書「デジタル・アドスペンド2017」によると、ブラジルで2…

密輸たばこ30万箱押収

各メディアによると、連邦道路警察は5日、サンタ・カタリーナ州ジョインビレ市内の国道で盗難の疑いでトラックを捜索、トラックから約30万箱の密輸たばこを発見、押収しました。道路警察が今年に入ってから押収した密輸たばこは580万箱になり、早くも2016年…

破産、民事再生の申請数減少

ボア・ビスタ信用保護サービスセンター公表のデータによると、2017年1~3月期の破産申請件数が16年同時期に比べ9.9%少なくなりました。民事再生申請件数も15.2%減少しています。国内メディアが報じました。 今年3月の数字だけを見ると、破産申請数は…

2月の小売実質2.3%減 4月以降はプラスの見込み

国内メディアの報道によると、ブラジルの2017年2月の小売売上高は前年同月に対し実質2.3%縮小しています。小売開発協会がまとめた指標で分かりました。売り上げは縮小していますが、落ち込みは2015年4月以降で最も小さく、落ち込みペースは減速しています。…

住友商事と日本製鋼所が鍛造品製造・販売会社設立

住友商事(中村邦晴社長)は29日、日本製鋼所(佐藤育男社長)及びブラジル最大の鉄鋼メーカーGerdau S.A.(以下ゲルダウ)と、風力発電向け鍛造品製造販売事業の合弁会社Gerdau Summit Aços Fundidos e Forjados S.A.(以下ゲルダウサミット)をサンパウロ…

在外邦人の利用継続へ=JRレールパス問題=

JRグループは31日、4月から「ジャパン・レールパス」の海外在住日本人の使用を中止するとしていたのを見直し、「在留期間10年以上」の居住者には今まで通り利用を認めると発表しました。利用できるのは6月1日発売分からです。JRグループや国土交通省に…

日本人女性が銀行で現金を騙し取られる

カーニバル開催中だった2月24日、サンパウロ市内の日本人女性(70代)がブラジル銀行支店内で行員を装った日系人と見られる東洋系の男に1500レアル(約5万4000円)を騙し取られる事件が起きました。被害に遭った女性が先ごろ明らかにしたものです。女性は直…

ブラジルがW杯出場権を獲得

ロシアで開催されるサッカーW杯2018年大会の出場権獲得を目指して10カ国で争われている南米予選の5試合が28日、南米各地で行われました。ブラジルはアレーナ・コリンチャンス(サンパウロ市)でパラグアイを3―0で下し勝ち点を33に伸ばし、4試合を残し同…

黄熱感染6件目を確認=リオ州=

国内メディアによると、リオデジャネイロ州保健局が27日、同州北部のサン・フィデーリス市で同市住民の黄熱ウィルス感染が確認されたと発表しました。今年に入ってから同州内で感染が確認されたケースは6件目です。これまでの5件は州内中部のカジミロ・デ…

消費意欲が上昇

国内メディアが報じるところでは、サンパウロ市民の消費意欲が上昇しつつあります。サンパウロ州商業連盟がサンパウロ市民を対象に調査している2月の家計消費意欲指数は、前月の水準を2.2%、16年2月の水準を8.8%上回る77.6ポイントで改善が見られました。…

水森かおりが8月にサンパウロ公演

ブラジル日本アマチュア連盟(北川好美会長)が24日、「演歌祭りイン・ブラジル―水森かおり特別公演―」を8月12日、サンパウロ市のアニェンビー国際会議場で開催すると発表しました。水森が所属する長良プロダクションと昨年10月から交渉を始め、今年の2月…

食肉輸出が激減、2施設が操業停止

国内メディアによると、食肉加工業者が農牧供給省の衛生検査官に賄賂を支払って衛生証明書を不正に取得していた問題で連邦政府は22日、捜査対象となっている2加工施設の操業を無期限停止し、従業員に解雇通知を出しました。解雇の対象となる従業員は280人に…

食肉不正疑惑で各国が輸入制限措置

農牧供給省の衛生検査官が賄賂を受け取り不正に衛生証明書を出しため基準を満たさない食肉製品が国内外で販売された問題で、ブラジルから食肉を輸入している国が対応を始めています。地元メディアによれば、17日に連邦警察が同疑惑の強制捜査を実行して以来…

食肉検査不正の捜査対象企業の輸出停止

地元メディアによると、国内の食肉加工業者の衛生検査で業者側からの賄賂の見返りに農牧供給省検査官が手心を加えた事件で農牧省は20日、同件で捜査対象となっている21の加工施設に対する輸出許可を停止すると発表しました。 連邦警察が17日に始めた捜査で、…

食肉検査めぐる不正疑惑 約30社捜査

地元での報道によると、連邦警察は17日、国内の食肉加工業者の衛生検査で不正が行われていた疑いで、国内6州および連邦直轄区で強制捜査を行いました。食肉加工業者が農牧供給省の衛生検査官に賄賂を贈り、基準に適さない食品の衛生許可を得て国内外で販売…

燃料窃盗容疑者14人を拘束

地元での報道によると、リオデジャネイロ州文民警察と連邦検察庁は16日、州内バイシャーダ・フルミネンセ地域に設置されているペトロブラス傘下トランスペトロのパイプラインから原油、燃料を盗んだ疑いのある14人を拘束しました。検察庁は、このグループが2…

検事総長が最高裁に政治家の調査許可要請

地元メディアによると、ロドリゴ・ジャノー検事総長は14日連邦最高裁判所に、ペトロブラス汚職に関わったとされる政治家など320件の捜査許可要請を送付しました。これは、汚職捜査の捜査対象になっている建設大手オデブレヒト・グループ役員が行った証言に基…

日本人3人が強盗に襲われる=サンパウロ市内=

在サンパウロ総領事館の発表によると、7日午後10時頃、サンパウロ市リベルダーデ区のコンセレイロ・フルタード街(東洋街にある広いバス通り)で日本人がピストルを持った強盗2人に襲われ、現金約500レアル(約18,000円)と旅券のコピーなどを奪われました…

臓器提供者が増加

厚生省が9日に発表したところでは、ブラジル国内における移植用の臓器提供者が2016年は前年比で5%増加、過去最高の2983人になりました。人口100万人あたり14.6人の割合です。国内メディアが伝えています。 厚生省の臓器提供者集計は01年から行われ、15年…

女性の46%が家庭外でも働きたい

国連の専門機関である国際労働機関と世論調査・コンサルティングのギャラップ社が「労働の実情」について調査、7日結果を発表しました。それによるとブラジル男性の32%が妻は仕事ではなく家にいて欲しいと考え、家の外で働いて欲しい男性は30%でした。女性…

サンパウロ市の街頭カーニバル 盗難届2千件

サンパウロ州文民警察の集計(速報値)によると、2017年のカーニバル期間の6日間(2月24日~3月1日)にサンパウロ市内各地で行われた街頭カーニバルで携帯電話を盗まれたとする被害届けが1954件に上りました。地元メディアが伝えています。報道によると…

誘拐、殺害の中国人ギャングを逮捕

サンパウロ州文民警察は8日朝、同州内の中国人に犯罪行為を仕掛けている中国人犯罪組織の構成メンバーと疑われる中国人8人をサンパウロ市内及び同州沿岸地域で逮捕しました。地元メディアが報じています。文警の殺人・人身保護部で指揮をとるエリザベテ・…

サンパウロ新聞記者が強盗被害

サンパウロ市リベルダーデ区の旅行代理店の両替所で換金した日本人が、出店後に追跡されて襲われる事件が頻発していますが、その事情に精通しているはずの新聞記者までが強盗に遭うほど、サンパウロ市内は治安が悪化してきました。被害に遭ったサンパウロ新…

押収コカインの85%を占めるグアルーリョス空港

地元メディアによると、ブラジルへやって来る多くの旅行者にとって「空の玄関口」といえばサンパウロ州のグアルーリョス空港ですが、実はこの空港、コカインにとってもブラジルでの「空の玄関口」になっていました。2016年の1年間に連邦警察が国内の空港で…

仏小売チェーン「フナック」が撤退

地元メディアによると、パソコンや携帯電話などの電気製品のほか、書籍や音楽・映像ソフト(CD、DVD)を販売するフランスの小売チェーン「フナック」が28日、ブラジルから撤退すると発表しました。撤退するにあたり同社は、ブラジル事業を売却する意向です。…

イタウ・ウニバンコ 国内最大の銀行に

地元メディアによると、イタウ・ウニバンコ銀行は2016年末の総資産額でブラジル銀行を上回り、ブラジルで最大の銀行になりました。ブラジル銀行の16年末時点での総資産は1年前の1兆4480億レアルから3.2%減の1兆4010億レアル(約49兆350億円)、イタウ・ウニ…

JRパス禁止反対署名 粘り強く働きかけ

ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の2月度代表者会議が23日午後、サンパウロ市東洋街の文協ビルで行われ、在外居住日本人の使用禁止が3月末に迫るJR.ジャパンレールパスの使用禁止中止の訴えを粘り強く働きかけていくを決めました。 山田会長…

強盗事件で軍警官がウソの報告=サンパウロ=

サンパウロ市内南部のファベーラ内で27日未明に何者かが軍警察のパトカー1台を盗み、軍警に追われた末に現場から約80キロメートル離れた地点で、道路封鎖のために軍警が路上に置いたトラックに激突し犯人1人が死亡するという事件がありました。この事件に…

日系人出場者や日本人観光客の姿も=サンパウロ=

24日、サンパウロ市でも開幕したカーニバルには22のエスコーラ(サンバチーム)が出場し、サンバ会場にやって来た観客を熱狂の渦に巻き込みました。ここで上位に入賞した7組は3日のチャンピオン大会で再びパレードを披露します。 サンパウロ市内では路上で…

壁絵の消去、審議会の許可必要ない

サンパウロ州の控訴裁判所は23日、サンパウロ市歴史的・文化的・環境的財産保存審議会の許可なしで市当局が市内の建造物などに描かれた落書きや壁絵を消去することを差し止め、これに従わない場合は1日につき50万レアルの制裁金を科すとした今月13日の一審…

サンパウロのカーニバル 年々拡大

ブラジルはカーニバル・シーズンを迎え,サンパウロでも24日夜からサンボードロモ(サンバ会場)でカーニバル・パレードが始まりました。市内各所では週末からカーニバル休日にかけブロッコと呼ばれる小・中規模グループ154チームの街頭パレードも行われてい…

日本人が換金後に強盗被害

在サンパウロ総領事館によると、16日午後、サンパウロ市東洋街の旅行代理店で現金を両替した日本人が、同市内から約70キロ離れた場所で強盗に襲われ、現金1万4000レアル(約50万円)、旅券、パソコン、クレジットカードを奪われました。 被害に遭った日本人…

貧困層最大360万人増加と予想=世界銀行=

世界銀行は、ブラジルの貧困層が2017年末までに250万~360万人増加するとの調査結果を発表しました。現在ブラジルが直面している不況が、貧困と不平等の進行を早め、政府の貧困層支援策「ボルサ・ファミリア」などの貧困回避策に深刻な打撃を与えると警告し…

ブラジルはジャーナリストに危険な国

ブラジル・ラジオ・テレビ放送協会が公表した調査結果で、ブラジルの報道機関で働く人は世界で10番目に、ラテンアメリカ地域で2番目に危険に晒されていることが分かりました。2016年、ブラジル国内でレポーターなどメディア関係者の261人が暴行被害を受けて…

地下鉄での性的嫌がらせ、1日あたり2件=サンパウロ市=

サンパウロ市の地下鉄および駅など付属施設で昨年記録された性的嫌がらせの件数は748件で、15年の165件から350%増加しました。 地元メディアによると、地下鉄やその構内で起きた犯罪は、サンパウロ市西部バラ・フンダ駅にある州文民警察都市警察局により捜…

インフレ予想また低下=中銀=

ブラジルの金融市場はインフレがさらに低下すると予想しています。ブラジル中央銀行が13日公表した週次レポートによると、100を超える金融機関のアナリストは2017年の予想インフレ率を4.47%(前週4.64%)としています。低下予想はこれで6週連続です。2018…

テメル政権の評価、前回から低下

地元メディアによると、全国運輸連合の委託で調査会社MDAが行ったテメル政権の評価の聞き取り調査で、肯定的に評価したのは10.3%で、昨年10月の調査(14.6%)から低下しました。否定的な評価は前回の36.7%から44.1%へ増加しました。 現政権を「良…