ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

サンパウロ州は黄熱病リスク地域

各メディアによると、世界保健機関が16日、サンパウロ州全域を黄熱病のリスク地域と発表、外国人旅行者に現地訪問の最低10日以上前のワクチン接種を奨めています。ブラジル保健省は、サンパウロ州内の感染リスク地域は西部のみとしています。 サンパウロ州保…

黄熱病による死亡3件=リオ州=

15日の各メディアによると、リオデジャネイロ州保健局は同州中南部バレンサ市で黄熱病による2件の死亡を発表しました。12日に山間部のテレゾーポリス市で確認された黄熱病死を加え、同州内では今年に入って確認された黄熱病死亡は3件になります。このほか…

警察の努力で銃押収激増

12日のメディアによると、2017年連邦道路警察統計でサンパウロ州内の連邦道路(街道)で警察が押収した銃器の数が101丁と、前年の30丁を大きく上回りました。また銃弾の押収数も3倍近くまで増加し、16年に押収した4546発の2.8倍に相当する1万2587発が押…

バスのごみ箱に大量のライフル弾

各メディアによると、連邦道路警察は11日、サンパウロ州アルジャー市内のドゥトラ街道(リオとサンパウロを結ぶ幹線道路)で、長距離バスの車内ごみ箱の中に隠されていたライフル銃用の銃弾1020発をを発見、押収しました。銃弾は5.56ミリライフル弾で、10発…

犯罪組織の銃器はパラグアイから密輸

エスタード紙は、連邦警察が押収した銃器9900点の追跡調査で拳銃やリボルバーの大部分がパラグアイから不法に持ち込まれたもの、と報じました。主に南東部の犯罪組織が行った銃器の取引は組織から持ちかけており、銃器の99%はアルゼンチン、ブラジル、パラ…

17年のインフレ率2.95%

地元メディアは、ブラジル地理統計院発表で2017年の公式インフレ率が政府目標の下限(3.00%)より低い2.95%だったと報じました。年間のインフレ率がインフレ目標を下回ったのは1999年に目標設定制度が導入されてから初めてです。インフレ率2.95%は98年…

減少しない14歳以下の出産

エスタード紙によると、2007年に15~19歳の母親から生まれた新生児の割合は全体の20.1%で、16年には16.7%に減少しました。また母親が10~14歳の新生児の割合は、07年の0.94%から16年の0.85%へとわずかに減少しましたが、危険が伴う15歳以下の妊娠・出…

カード詐取の巧妙な手口=サンパウロ市=

地元メディアによると、乗客10人からだまし取ったクレジットカードやデビットカードで腕時計や携帯電話、宝石類の高額商品をサンパウロ市内で購入していたタクシー運転手(男性、24)が5日、警察に逮捕されました。警察は運転手が商品を購入していた小売店…

銃器押収4.8万丁=サンパウロ州=

各メディアによると、サンパウロ州警察当局は2015年1月から17年7月までに4万8292丁の銃器を押収しました。多くは38口径回転式拳銃ですが、飛行機を落とす能力を持つ大口径ライフル銃も含まれていました。ニュース専門チャンネル「GloboNews」の調査で分か…

4年で780人の公務員逮捕

連邦警察の組織犯罪撲滅捜査局データをエスタード紙が分析したところ、公的資金詐取や公的財産に対する犯罪、環境に関する不正、国際麻薬密売などに関係した容疑で週平均3人の公務員が逮捕されていました。エスタード紙は情報アクセス法を通して入手したデ…

経済状況、家庭の4割が改善

アジェンシア・ブラジルの報道によると、コンサルティング会社デロイトのクリスマス調査で家庭の40.3%が「経済状況が昨年より改善した」と回答しました。調査は12月1~8日に渡って1000人を対象に行われました。10月の調査では、改善されたと回答したのは…

非識字率が7.2%に低下

ニュースサイトG1によると、ブラジル地理統計院が21日、2016年のブラジルの非識字率は7.2%と発表しました。全国家庭サンプル継続調査で分かったもので、15年度調査では、15歳以上で読み書きができないのは8%でした。 調査では非識字者は1180万人と推…

給与支払い遅延で市民生活悪化

国内メディアによると、リオグランデ・ド・ノルテ(北大河)州では、公務員への給与支払い遅延が23カ月間続き、業務に支障が出始めています。19日なって警察官は職務を十分に果たさなくなり犯罪が増加、医療施設の専門家も不足し市民の医療に支障を来してい…

テメル政権の高い評価は6%

国内メディアによると、ブラジル世論調査・統計機関が20日、テメル政権の評価に関する世論調査の結果として、「悪い、最悪」と評価したのが74%、「良い、最高」と評価したのはわずか6%と発表しました。同調査は12月7~10日に国内127市の計2000人を対象に…

アントニオ猪木議員がサンパウロ市で講演

ブラジル訪問中のアントニオ猪木参議院議員(74、神奈川)がサンパウロ市東洋街の文化協会小講堂で、「元気ですか!元気があれば何でもできる!」と題して講演しました。13歳のときブラジル移住した猪木議員は、最初は農場に入り、その後サンパウロ市に出て…

ダイソー・ブラジルがショッピングセンターに開店

日本製輸入雑貨販売店ダイソー・ブラジル(大野恵介社長)の33番目の新店舗がサンパウロ市の大通りにあるショッピングセンターに開店しました。同社はブラジルへ進出して5年、サンパウロ圏を中心に33店舗(社員500人)を展開する迄に成長しました。 進出当…

外国人のブラジル移住者が減少

地元メディアによると、労働省とブラジリア大による国際移住観測結果が13日発表され、2016年は9万4000人以上の外国人がブラジルに移り住んだことが判りました。海外からの移住者が最も多かった14年には12万2000人もいましたので23%の減少です。 観測したブ…

世界で3番目の刑務所収容者数

法務省国家刑務所情報調査によると、2016年6月時の成人向け刑事施設における収容者数が72万6700人で、収容者数が世界で3番目に多い国となりました。このうち4割は未決の容疑者です。エスタード紙の報道です。 収容者の増加に収容枠の増加が間に合わず、過…

家事をする男性は女性の半分

ブラジル地理統計院の発表によると、2016年に家事を行った女性は90%で、男性は72%でした。家事に費やした時間は女性が週21時間で、男性は11時間と女性の半分でした。ネットメディアの報道です。 この調査は全国家庭サンプル調査の一部として行われたもので…

クリスマスの物価予想、調査史上初の下落

地元メディアによると、全国商業連合は、クリスマスに向けた各種商品の小売価格が平均で1.1%、昨年より安いと予想しています。小売価格の下落予想は、2009年に始まった同連合のクリスマス商品調査では初めてのことです。16年のクリスマス時期には小売物価は…

社会民主党新党首にアルキミン・サンパウロ州知事

国内メディアによると、ブラジリアで9日に開催された社会民主党(PSDB)の全国大会で、ジェラルド・アルキミン・サンパウロ州知事が同党の新たな党首に選出されました。任期は2年。アルキミン氏を党首とする候補者名簿の支持票は470票、反対票3、棄権…

ブラックマーケットは150億レアル規模

地元での報道によると、サンパウロ州工業連盟が2016年のサンパウロ州における盗品や偽造品、密輸品などを売り捌く違法な製品市場(ブラックマーケット)規模が151億レアルに達したとの推計を発表しました。前年の推計132億レアルと比べ14%増です。 同連盟に…

日本語能力試験受験者数が急増

国際交流基金主催の日本語能力試験が先ごろ、ブラジル8カ所の会場で行われました。サンパウロ市会場では受験者の増加で、試験会場を移す盛況でした。受験者が増加したのは、JICAや総領事館などが行っている日本研修制度や4世の査証問題が影響している…

大気の汚れは2時間でタバコ1本分=サンパウロ市=

エスタード紙の報道によると、サンパウロ市内の路上に2時間もいると、1本のタバコを吸うのと同じぐらいのダメージが肺に与えられるとサンパウロ総合大学の研究で分かりました。市内で30年間生活すると、肺の状態は少量喫煙者(1日10本以下)と同じ状態に…

子供使った強盗事件が発生=サンパウロ市=

国内メディアの報道によると、サンパウロ市南部モエマ地区のアパートで1日午後、子供を利用した強盗事件が発生しました。1人の男が10歳未満とみられる男児を連れて、41歳の男性技師のアパートを訪問。門番は、子供が同技師の息子と伝えられ、2人を建物内…

テメル政権の高評価5%、低評価71%

フォーリャ紙など国内メディアによると、ダタフォーリャ調査でテメル政権を「良い」または「最高」と評価したのは5%で、「悪い」または「最悪」と評価したのが71%でした。「良い」または「最高」の割合は9月末の前回調査と変わらず、「悪い」または「最…

ブラジル人の平均寿命は75.8歳

国内メディアによると、ブラジル地理統計院が1日、2016年生まれのブラジル人が何年生きるかを示す平均寿命を75.8歳だと発表しました。平均寿命は2014年以降3カ月ずつ延びており、06年生まれと比べると3.5年長くなっています。1940年生まれの平均寿命は45…

二輪生産は来年から上向く=二輪自工会=

ブラジル二輪自工会は、2017年10月の国内オートバイ生産台数を7万7000台と発表しました。前年同月比7.8%増です。対前月比では0.5%増でした。地元メディアの報道です。 同自工会のマルコス・フェルマニアン会長は、「10月の数字は来年から二輪業界の業績が…

357自治体で感染症流行の兆し=保健省=

地元メディアによると、デング熱、チクングニア熱、ジカ熱などのウィルスを媒介するネッタイシマカに関する調査で保健省が28日、国内の357自治体で幼虫が確認され、ここでは感染症が流行してもおかしくない状態と発表しました。 調査は、国内の全5570市のう…

サントス湾に薬やコカインの残留物質

23日付けの地元メディアによると、サンタ・セシリア大学とサンパウロ連邦大学がサンパウロ州沿岸部のサントス湾で行なった調査で、同湾の海水から医薬品やコカインの残留物質が確認されました。これらの物質が海洋生物に影響を及ぼしている可能性が懸念され…