ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

河野太郎外務大臣とヌネス外務大臣が会談

 日本の外務省は17日、河野太郎外務大臣とアロイジオ・ヌネス・ブラジル連邦共和国外務大臣との会談内容を発表しました。それによると会談冒頭、河野大臣は「日本とブラジルは基本的価値を共有する戦略的グローバルパートナーであり,本年の日本人のブラジル移住110周年の機会も生かし,両国関係をさらに強化したい」と述べ,ヌネス大臣は「日本はブラジルにとっての不変のパートナーであり,様々な関心や課題を共有している」と述べました。

 続いて日・ブラジル関係について河野大臣は「ブラジルには約700社の日本企業が進出しており,経済関係強化は重要。2016年の日・ブラジル首脳会談の成果である『日・ブラジルのインフラ協力会合』を活用し,インフラ分野でも二国間の協力を進めていきたい」と述べ,ヌネス大臣は「ブラジル経済は不況から脱して回復基調にあるため,両国政府がさらに協力して,日本企業による投資を増やしていきたい」と語りました。

 この他会談では、国際場裡における協力についても触れ,国連安保理改革,軍縮・核不拡散,気候変動について議論を行い,両国は連携していくことで一致しました。また,ヌネス大臣から,国連安保理改革などにおける協力の強化と継続が表明されました。

山本防衛副大臣 日系軍人と懇親昼食会

 ブラジルを訪問していた山本朋広防衛副大臣は1日、ブラジリアで日系軍人5人と懇親昼食会を行いました。参加した日系軍人は、マツダ陸軍中将、シバタ空軍少将(退役)、タカムラ空軍大佐(退役)、タグチ陸軍大佐(退役)、ヤマグチ海軍大佐の5人です。山本副大臣は、日系軍人一人一人に声を掛け軍務について尋ね、労を労うと共に、今後のさらなる活躍を期待すると激励しました。

 また、山本副大臣日系ブラジル人として初めて空軍司令官を務めた斉藤準一前司令官とも面談し、「今後も両国間の防衛協力・交流の進展に寄与いただきたい」と要望しました。これに斉藤前司令官は「日本とブラジル防衛当局間の関係強化に向け、今回の山本副大臣のブラジル訪問は非常に有意義だった」と応じました。

 二人は面談で、日本とブラジルを取り巻く安全保障環境や日ブラジル防衛協力・交流などについて意見を交換したとされています。

美川憲一公演に会場満杯の観客

 13日にサンパウロ市内の文協大講堂で開催されたチャリティーコンサート「美川憲一INサンパウロ」には、アマゾンやブラジリアなど遠くからの観客を含め3000人が詰めかけました。公演は正午と午後3時からの2回で、いずれも予定時間(1時間半)を上回る2時間にわたって美川の歌声や華麗な衣装、ユーモア溢れるトークを楽しみました。

 同公演には、ブラジリアやマナウス、ドラードス、ベレンリオデジャネイロサンパウロ市近郊のほか、隣国パラグアイボリビアからもファンが駆け付けました。アマゾナス・マナウス在住の橋口ヨリコさん(65、熊本)と弟の辻シヅトさん(62、2世)はサンパウロ市の友人から公演を聴き、「いつもテレビで見ている姿を見たいとやって来ました」と話していました。

 サンパウロ市近郊ピエダーデ在住の鹿野ゆみさん(43、2世)は、イビウナ在住の母・松迫みえ子さん(73、鹿児島)と一緒に会場を訪れ、「今日は『母の日』だから、母と一緒に来ました。美川さんは男なのに、怪しい魅力があり、好き」と手放しで喜んでいました。

カラオケ友達の森与志子さん(76、2世)とミナス・ジェライス州サン・ゴタルト在住の為国ゆきさん(67、2世)は、美川の歌や衣装、トークを楽しみに訪れ、「『柳ヶ瀬ブルース』や『さそり座の女』が大好きです。過日、日本旅行をした時は、『釧路の夜』に因んで釧路まで足を運びました」とファンぶりを話していました。
f:id:ncb:20180516115809j:plain 
観客と交流する美川(サンパウロ新聞提供)

美川憲一が初のサンパウロ公演

 13日のチャリティーコンサート「美川憲一  IN  サンパウロ」公演を前に、初めてブラジル入りした美川憲一が(本名=百瀬由一さん、長野県諏訪市出身)が11日、サンパウロ市内のホテルで記者会見をしました。会見の冒頭、「ブラジルは遠いわね~」と第一印象を語り、「ブラジルは人がとっても優しく、穏やかな性格という印象を受けたわ」とあいさつしました。

 同公演は、ブラジル日本移民110周年記念行事の一環として開催されます。公演の収益は、サンパウロ日伯援護協会、救済会、こどものその、希望の家の日系福祉4団体と、110周年記念祭典委員会の計5団体に寄贈される予定です。

 美川の海外公演は、昨年1月のロサンゼルス公演に続いて2回目。90分の公演では、持ち歌の15曲を披露し、2度の衣装替えが行われます。会見で美川は「カラオケで歌う人がたくさんいる時代。歌は聴く時代より、歌う時代に変わった。歌うことで力を与えられる。歌には人それぞれに想い出があり、その時代を思い起こさせてくれる」と歌の力に言及、「歌って、しぶとく生きましょう」と語りかけました。

f:id:ncb:20180515113038j:plain
<写真>ホテルで記者会見する美川憲一サンパウロ新聞提供)

医薬品と医療保険が物価指数を押し上げる

 ブラジル地理統計院が10日発表した公式インフレ指標・広範囲消費者物価指数によると、4月の物価上昇率は0.22%で3月の0.09%よりも高く、指数が上昇しています。国内各メディアが報じました。

 今年に入ってからの物価上昇率は4月末時点で0.92%で、年初4カ月間のインフレ率としては1994年にハイパーインフレーション対策が実施された以降では最も低い水準です。今年4月までの直近12カ月間のインフレ率は2.76%と、3月までの12カ月間(2.68%)に比べて大きくなっていますが、依然としてブラジル中央銀行が設定しているインフレ目標の下限(3.00%)を下回っています。

 地理統計院は「(12カ月間の)インフレ率はすでに10カ月もの間3.00%を下回っている。4月の物価上昇の大半は保健・パーソナルケアの上昇で、最も影響を及ぼしたのは医薬品」と説明しています。

 保健・パーソナルケアの今年4月の物価上昇率は0.91%と製品・サービスの中で最も上昇しています。特に医薬品と医療保険の上昇が目立ち、医薬品の上昇率は1.52%、医療保険の上昇率は1.06%でした。今年4月に0.07%の下落が観測された通信と輸送以外のすべてで物価上昇が確認されています。

4月は61億ドル、年累計で200億ドルの貿易黒字

 地元メディアによると、4月(21営業日)のブラジル貿易は、輸出199億3200万ドル、輸入137億9000万ドルで、61億4200万ドルの黒字でした。これにより年初来の貿易黒字は200億9000万ドルになりました。産業貿易サービス省が2日発表したものです。

 今年4月の1営業日当たりの取引額は、輸出9億4910万ドル、輸入6億5670万ドルでした。昨年同月比では、輸出3.4%減、輸入10.3%増で、今年3月との比較では、輸出0.8%減、輸入は0.1%減になっています。

 同省は、輸出額が昨年同月より減少したのは主に営業日数の違いと農作物の収穫減と説明しています。輸入額の伸びについては、「景気回復に伴う国内需要の拡大と資本財の輸入増大が原因」と指摘、資本財の輸入増大は「工業生産への投資で、今後生産増が期待出来る」としています。

ブラジルでJCBカードの発行始まる

 株式会社ジェーシービー(浜川一郎社長)の海外業務を行う子会社、株式会社ジェーシービー・インターナショナル(今田公久社長)が、3日からブラジルでJCBカードの発行を始めました。、ブラジル連邦貯蓄銀行と提携し発行を開始したものです。JCBカードは世界23カ国で発行されていますが、中南米ではブラジルが最初です。浜川社長は「3年で100万枚の発行を目指す」と意欲を見せました。

 JCBは2013年9月、連邦貯蓄銀行とクレジットカード発行の契約を交わしています。JCBインターナショナルの今田社長は「ブラジルの人口は2億人以上で、クレジットカードも普及している。日系人も多く、日本のサービスに対する信頼も厚い。長期的な利益が見込める」と発行理由を説明しました。提携から発行まで時間がかかったのは、ブラジルと日本の開発システムやカードの利用方法が異なり、その調整に時間がかかったためです。

 JCBカードはこれから、初年度の年会費免除やポイント制度、日本料理店など70店舗での2割引、プレゼント優待などを実施,発行枚数を伸ばしていく考えです。ラーメン店の経営者は、「JCBカードを当店で利用すると、半チャーハンや唐揚げ、ビールを無料でサービスします」とJCBカード利用を進めていました。

新車市場の伸びが鈍い

 各メディアによると、全国自動車工業会のアントニオ・メガレ会長は23日、サンパウロ市内で「ブラジルの新車市場は2018年下期(7~12月)は、上期(1~6月)に比べて成長率は鈍化するだろう」と話しました。対前年比で伸びが小さくなる理由は、前年度の下期が高い伸びをしたためと説明しています。

 自工会は18年の年間販売台数の伸びを前年比11.7%増としています。今後の伸び率が鈍化すると見込んでいるためです。

女性が滑走路に侵入し身柄拘束

 地元メディアによると、グアルーリョス国際空港(サンパウロ市)で3日、搭乗予定の便に乗り遅れた公務員の女性(42)が滑走路へ侵入しようとして身柄を拘束されました。女性は午前8時45分発、サルバドール(バイア州)行きのアビアンカ航空に搭乗する予定でしたが、乗り遅れ、アビアンカ航空の職員と口論になり、他の便で使用中の搭乗口を通ってエプロン(乗員・乗客の乗降や貨物の積み下ろしなどのために飛行機が駐機する場所)へ侵入、警備員によって同空港内の連邦警察へ引き渡されました。

 連邦警察は当初、女性が滑走路上で飛行機の動きを妨害したと発表しましたが、これは間違っていました。空港当局によると、立入制限区域に侵入した女性は飛行機の動きを妨害したり中断したのではなく、ボーディング・ブリッジ(搭乗橋)の下まで行ったに過ぎませんでした。女性は空港内の連警事務所に連行されましたが、裁判所へ出頭する文書に署名し釈放されました。

 空港側は「搭乗手続き中における搭乗口、制限区域内に管理責任は航空会社にある」との声明を発表。アビアンカ航空は「当社の地上スタッフはマニュアル通りの対応を行った。顧客が執拗に搭乗を主張した後、安全対策として空港警備員に連絡した。国内線の搭乗手続きの時間は1時間半、搭乗口での応対は40分間とする民間航空庁の決定に従って搭乗客の誘導を行っている」とコメントしています。

パラグアイで学ぶブラジル人医学生が増加

 エスタード紙によると、パラグアイ国内の大学医学部で学ぶブラジル人学生が増加しています。パラグアイで取得した卒業証書をブラジルで認証する数が増加しており、ボリビアやアルゼンチンの大学よりも多くなっています。パラグアイの首都アスンシオン市にある医療分野の大学、マリア・アウヒリアドラ大学では、2500人の学生のうちブラジル人が2300人を占め、「ミニブラジル」と呼ばれているほどです。

 同大学医学部で学ぶ25歳のブラジル人男子学生は、「ブラジルで看護学部を修了したが、医師を希望していた。しかしブラジルの入学試験は難しく、学費も高い。が、同大学は入学試験がなく、授業料も安い」と同大で学ぶ理由を説明しました。34歳の男子学生はアスンシオン市で勉強する事を選んだ理由を、「月1600~1800レアル程度で住居費と学費が賄えるし、パラグアイ人は親切で常識もあり、歓迎してくれる」と話しています。

 別のブラジル人学生(26歳)は、「経済的にも競争においてもブラジルでは不可能な夢を、ここで実現しつつある。ここで学位を取得したらブラジルに戻る。ブラジルで働くには、認証プログラムに参加するか、もう一年ブラジルで補足授業を受けるか、医師拡充政策のマイス・メジコスで働くかの選択肢があり、どれを選ぶか考え中だ」と今後について説明しました。