ブラジルの最新情報

NPOチャレンジブラジルが、ブラジルのニュースをお届けします。

サンパウロ州は黄熱病リスク地域

 各メディアによると、世界保健機関が16日、サンパウロ州全域を黄熱病のリスク地域と発表、外国人旅行者に現地訪問の最低10日以上前のワクチン接種を奨めています。ブラジル保健省は、サンパウロ州内の感染リスク地域は西部のみとしています。

 サンパウロ州保健局は、昨年1月以降確認された州内の黄熱病感染は40件で、うち死亡は20件となっています。死亡の11件は今年に入ってから届けられました。今回の流行は森林型黄熱病で、ヒト以外の霊長類(サル)がウィルスの宿主です。感染したヒトから他のヒトへウィルスが伝播する都市型黄熱病では無いとしています。都市型黄熱病は1942年以来、ブラジル国内では記録されていません。

 サンパウロ州のアルキミン知事は同日、29日から州内54市での黄熱ワクチン接種キャンペーンを開始すると発表しました。この接種では、一般的な0.5㎖ではなく、有効期間が8年とされる0.1㎖のワクチンを使用し、700万人の接種を目標としています。黄熱病感染が確認された多い州はサンパウロ州(20件)、ミナス・ジェライス州(11件)で、以下リオデジャネイロ州(3件)、連邦直轄区ブラジリア(1件)となっています。

 世界保健機関サンパウロ州だけでなくブラジル中西部・北部(ミナス・ジェライス、エスピリト・サント、マラニャン各州)と南部(バイーア州、ピアウイー州)を旅行する人にもワクチン接種を奨めています。

黄熱病による死亡3件=リオ州=

 15日の各メディアによると、リオデジャネイロ州保健局は同州中南部バレンサ市で黄熱病による2件の死亡を発表しました。12日に山間部のテレゾーポリス市で確認された黄熱病死を加え、同州内では今年に入って確認された黄熱病死亡は3件になります。このほかバレンサでは、もう1件の黄熱病感染者が確認されています。

 同州で現在までに感染が記録されているのは森林型黄熱で、ヒト以外の霊長類(サル)をウィルスの宿主とし、Haemagogus属およびSabethes属の蚊がウィルスを媒介します。ネッタイシマカがウィルスを媒介する都市型黄熱は1942年以来、国内では記録されていません。

 リオ州では昨年7月から、州内の全92市がワクチン接種の推奨地域になっています。

警察の努力で銃押収激増

 12日のメディアによると、2017年連邦道路警察統計でサンパウロ州内の連邦道路(街道)で警察が押収した銃器の数が101丁と、前年の30丁を大きく上回りました。また銃弾の押収数も3倍近くまで増加し、16年に押収した4546発の2.8倍に相当する1万2587発が押収されました。

 道路警察は「通常、違法行為によって現行犯検挙された車両は何らかの理由で監視しているのが通例だ。従って摘発のほとんどは、道路を走行中、停車中の職務質問で車内から武器や弾薬が見つかり、検挙している」と説明、検挙は緻密な捜査の成果としています。

 11日にはドゥトラ街道で、長距離路線バスの車内から1020発のライフル弾を発見、押収したほか、その現場から約200キロ離れたガソリンスタンドに乗り捨てられていた車の中からマリフアナ約1トン、ライフル銃5丁、弾倉10個、銃弾300発を発見、押収しています。

サンパウロ州の銃保有数は全国

 連邦警察によれば、ブラジル全国で銃器の保有数が最も多いのはサンパウロ州です。警察への登録では、サンパウロ州はブラジル全体(64万6127丁)の21.3%に相当する13万7883丁が登録されています。しかし、これはあくまでも合法的に保有されている銃器で、実際の数はこれを大きく上回ると見られています。

バスのごみ箱に大量のライフル弾

 各メディアによると、連邦道路警察は11日、サンパウロ州アルジャー市内のドゥトラ街道(リオとサンパウロを結ぶ幹線道路)で、長距離バスの車内ごみ箱の中に隠されていたライフル銃用の銃弾1020発をを発見、押収しました。銃弾は5.56ミリライフル弾で、10発ずつをひとまとめにして包装されていました。

 バスはサンパウロ市内のチエテ長距離バスターミナルを出発しリオ州カボフリオ市へ向かっていました。乗客は46人。警察の捜査に銃弾の所持を認める乗客は1人もいず、警察は乗客全員の手荷物と預り荷物を徹底的に調べましたが、ごみ箱にあった銃弾以外に違法な物は発見されませんでした。

 ごみ箱に隠し銃弾を運ぼうとしていた者が見つからなかったことから警察は、46人の乗客をバスごとアルジャー市内の警察署へ連れて行き、詳しく調べを始めました。

犯罪組織の銃器はパラグアイから密輸

 エスタード紙は、連邦警察が押収した銃器9900点の追跡調査で拳銃やリボルバーの大部分がパラグアイから不法に持ち込まれたもの、と報じました。主に南東部の犯罪組織が行った銃器の取引は組織から持ちかけており、銃器の99%はアルゼンチン、ブラジル、パラグアイの三国国境から陸路で運び込んでいました。ライフル銃や自動小銃は、最初は米国から密輸され、その後他の国を経由してブラジル入りしています。押収した銃器の追跡調査は2014年から始められました。大半の銃器は、リオデジャネイロ市で押収されています。

 連邦警察は、銃器を押収した後、それらの銃器が購入された店まで遡って捜査を行っています。報告書では、「連邦警察は、各州での銃器押収に関する情報の捜査と、共同活動を実施するようになっている。以前は、連邦警察が押収した銃器だけを追跡していたが、今では、全ての銃器の供給元を調べている」と説明しています。捜査員は、「この捜査方法だと購入者と供給者の双方を処罰する事が可能になり、国境での管理のみより密輸防止に効果的だ」と指摘しています。

 連邦警察は、銃器が国内へ持ち込まれる国境地帯は三国国境のほか、マットグロッソ・ド・スル州パラナ州リオグランデ・ド・スル州ロンドニア州アマゾナス州を挙げています。ボリビアパラグアイからサンパウロ州ミナス・ジェライス州の内陸都市に向けて麻薬や銃器を輸送する小型飛行機を利用したルートがあるとも指摘しています。

17年のインフレ率2.95%

 地元メディアは、ブラジル地理統計院発表で2017年の公式インフレ率が政府目標の下限(3.00%)より低い2.95%だったと報じました。年間のインフレ率がインフレ目標を下回ったのは1999年に目標設定制度が導入されてから初めてです。インフレ率2.95%は98年に記録した1.65%以来の低さです。

 昨年のインフレ率がここ19年間で最も低くなったのは、広範囲消費者物価指数の調査対象である品目の「食品・飲料」の価格が下落したことが影響しています。「教育」は7.11%、「健康・パーソナルケア」は6.52%、「住宅」は6.26%と軒並み上昇していますが、「食品・飲料」は1.87%下落し、「住宅用品」も1.48%下がりました。

 経済アナリストは、「ボレチン・フォーカス(中央銀行の週次レポート)は、インフレ率は4%以下にとどまりインフレ目標の中央値を下回ると予想している。インフレはコントロールされており、経済成長の回復プロセスを継続させることは可能だ」と述べています。

減少しない14歳以下の出産

 エスタード紙によると、2007年に15~19歳の母親から生まれた新生児の割合は全体の20.1%で、16年には16.7%に減少しました。また母親が10~14歳の新生児の割合は、07年の0.94%から16年の0.85%へとわずかに減少しましたが、危険が伴う15歳以下の妊娠・出産は過去10年間、ほとんど減少していません。保健省のデータで明かになりました。

 16年に誕生した280万人の新生児のうち2万3900人が10~14歳の母親から誕生した新生児です。アマパー州在住で14歳で妊娠した女性は、母親に妊娠を知らせた2カ月後に未熟児の男児を出産しましたが、家族の反応と妊娠への不安から、出産前診断を2回しか受けていませんでした。早産は尿路感染症のためでした。女性は妊娠検査薬で陽性でしたが、妊娠していない可能性もあると考え、家族に伝えるのを数週間遅らせました。「妊娠中には何も感じなかった。痛みやつわりもなかった。足が腫れてきてめまいや吐き気を感じるようになり病院へ行ったら、即入院するように言われた」と話しています

 専門家は、「この年齢では生殖器官が完全に成熟していないため生物学的な危険性があり、妊娠中のケアや身体の変化も理解していない」と指摘しています。このため10~14歳の年齢層の妊婦のグループは、新生児1000人に対する死産の割合は15.1件で、全体の平均(10.9)より高く、2.5キロ未満の低体重の割合や早産の割合も全体の平均より高くなっています。

カード詐取の巧妙な手口=サンパウロ市=

 地元メディアによると、乗客10人からだまし取ったクレジットカードやデビットカードで腕時計や携帯電話、宝石類の高額商品をサンパウロ市内で購入していたタクシー運転手(男性、24)が5日、警察に逮捕されました。警察は運転手が商品を購入していた小売店も犯行に関与していた疑いで捜査しています。

 調べによると、カード詐取の手口は単純ですが、よく練られたものでした。

 運賃支払いのために乗客が運転手にカードを手渡すと運転手は、客から受け取ったカードとは別の、見た目が同じような他人(他の被害者)のカードを決済端末機に差し込み、それを客に差し出し暗証番号を入力するよう要求します。カードがすり替えられていることを知らない客は暗証番号を入力しますが、決済はできません。運転手は「このカードは使えないようだ」と言って客に現金での支払いを求め、客のものではない他人のカードを返します。客は返されたカードが自分のものかどうかを確認せず現金で清算し車を降りたため、運転手の手元には詐取したカードと暗証番号が残りました。

 運転手にカードを詐取された被害者の中には4万1000レアル使い込まれた人もいました。運転手はカードを詐取した数時間後にはデビットで6000レアル、クレジットで3万5000レアル分の商品を購入していました。運転手はこの他、飲み屋の勘定を払い、腕時計、携帯電話、宝石などを購入していました。

銃器押収4.8万丁=サンパウロ州=

 各メディアによると、サンパウロ州警察当局は2015年1月から17年7月までに4万8292丁の銃器を押収しました。多くは38口径回転式拳銃ですが、飛行機を落とす能力を持つ大口径ライフル銃も含まれていました。ニュース専門チャンネル「GloboNews」の調査で分かったものです。

 非政府組織「Instituto Sou da Paz」によると、この期間に押収された1万3223丁は38口径回転式拳銃で、「対物ライフル」などと呼ばれている50口径ライフル銃も14丁押収されました。同組織は、この2年と7カ月の間に1カ月平均1558丁の銃器が押収されたとしています。

 押収された大口径ライフル銃の大部分は米国製で、パラグアイをはじめとする南米の近隣諸国から非合法ルートを通って国内に流入し、犯罪組織の手に渡ったと見られています。ブラジルでは、現金輸送車襲撃犯が大口径ライフル銃を使用する事例が増加しています。

4年で780人の公務員逮捕

 連邦警察の組織犯罪撲滅捜査局データをエスタード紙が分析したところ、公的資金詐取や公的財産に対する犯罪、環境に関する不正、国際麻薬密売などに関係した容疑で週平均3人の公務員が逮捕されていました。エスタード紙は情報アクセス法を通して入手したデータ(2013年1月から17年3月間の2325件の捜査結果)を集計、分析したものです。

 国家薬物撲滅局長を務めた退官判事のバルテル・マイエロビッチ氏は、「公務員の共謀なしに組織犯罪は存在しないが、公務員の組織犯罪関与の捜査はあまり行なわれていない。行われていれば、公務員の逮捕者数はさらに増加した可能性がある」との見方をしています。

 逮捕された783人の公務員のうち45%が汚職や入札不正、公的資金詐取など、いわゆる組織犯罪に関与した容疑で逮捕されています。次が、脱税や密輸といった公的財産に対する犯罪(16%)で、社会保障に対する不正が10%で続いていました。

NPOチャレンジブラジルより>
 新年明けましておめでとうございます。本日よりニュースレターを開始します。今年もよろしくお願いします。